ペットトラブルホーム > ペットの法律・裁判例 > 動物愛護管理法の解説

動物愛護管理法の解説

  1. 動物愛護管理法の改正理由
  2. 動物愛護管理法の概要

動物愛護管理法の改正理由

施行期日は、平成25年9月1日です。

2012年動物愛護管理法の法律改正の理由

最近の動物の愛護及び管理に関する状況に鑑み、動物取扱業の適正化を図るため、

現行の動物取扱業を第一種動物取扱業とし、出生後56日未満の犬又は猫の引渡し等を制限すること等により第一種動物取扱業に係る規制を強化し、

及び第二種動物取扱業についての届出制度を創設するとともに、

動物の適正な飼養及び保管を図るため、動物の所有者について終生飼養の責務を追加し、

終生飼養の責務の趣旨に照らして都道府県等が犬又は猫の引取りを拒否できることとし、

及び愛護動物に対する殺傷罪等の罰則を強化する等の措置を講ずる必要がある。

今すぐ相談

動物愛護管理法の概要

(1)基本原則

すべての人が「動物は命あるもの」であることを認識し、みだりに動物を虐待することのないようにするのみでなく、人間と動物が共に生きていける社会を目指し、動物の習性をよく知ったうえで適正に取り扱うよう定めています。

(2)普及啓発・動物愛護週間

毎年9月20日から26日までを動物愛護週間とします。

(3)動物の適正な取扱い

(6)第一種動物取扱業者の登録、第二種動物取扱業者の届出

ペットショップ、ブリーダー、訓練士、

(7)動物による人の生命等に対する侵害を防止するための措置

特定動物の飼養又は保管の許可

(8)犬及び猫の引取り・繁殖制限

都道府県等は、犬及びねこの引取りを行うとともに、道路、公園、広場、その他の公共の場所において発見された負傷動物等の収容を行います。引取りを拒否することができる。

(9)罰則

愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon