ペットトラブルホーム > ペットショップ・ブリーダーとのトラブル > 血統書はあるが実際はミックスだった場合

血統書はあるが実際はミックスだった場合
           −ペットショップとのトラブル

たまに、ミックス犬なのに、純血種として血統書付きで販売されている子犬がいます。

  1. 純血種の体型、毛質などを確認し、購入したペットを調べる
  2. 契約解除と損害賠償請求

純血種の体型、毛質などを確認する。調べる。

まずは、あなた自身がその犬種(猫種)の純血種とはどんな体形であるのかを知る必要があります。

血統書があっても100%確実な血筋をあらわしてるとは言い切れないからです。

先入観として抱いている体形や毛色でなくても、純血種と認められている場合があるかも知れないのです。

多少の費用はかかりますが、購入した犬と純血種とでは何が違うかを、DNA鑑定などの方法で調べることができます。

また、獣医さんの見立てもかなり参考になります。

今すぐ相談

契約解除・賠償請求をする場合

こうして判断した結果、純血種ではないと判明した場合、ペットショップ側は純血種を売るという売買契約内容に違反していたことになりますから、契約の解除や損害賠償請求をすることができます。

この場合、買った犬をペットショップに返し、購入代金を返金してもらい契約を解除します。

また、契約解除をせずに、そのまま飼い続ける場合、損害賠償として、その犬が純血種の場合の販売価格とそうでなかった場合の販売価格の差額を請求することができます。

ただし、犬の算定額はとても難しい問題のため、何を基準にして算定するかをペットショップ側とよく話し合う必要があります。

どうしても話し合いがまとまらない時には、内容証明郵便で要求を明確にしたり、裁判所の民事調停を利用します。民事調停でもまとまらない場合には、訴訟を起こし、和解や判決による解決をすることになります。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon