ペットトラブルホーム > ペットショップ・ブリーダーとのトラブル > ペットの病気が飼猫や人に感染

ペットの病気が飼猫や人に感染した場合
       −ペットショップとのトラブル

ペットショップやブリーダーさんから受け取った子犬や子猫が、感染症にかかっており、元々いた飼い猫や飼い犬や、人にまで病気を移してしまった場、治療費は請求できるでしょうか。

  1. ペットショップやブリーダーは責任を負う
スポンサーリンク

ペットショップやブリーダーは責任を負う

病気に感染している子猫を販売すれば、買い主の家で飼っているペットにも病気が感染してしまうことは、通常予測できる範囲と考えられます。

したがって、売り主は、生じた損害について責任を負わなければなりません。

なお、そのペットから人間に感染してしまった場合にも、同じく、売主であるペットショップやブリーダーに対して治療費を請求できると考えられます。

さらには、子猫の売買契約の当事者ではない買い主以外の家族も、購入した子猫に触れる機会が生じると考えるのが一般的ですから、家族が感染してしまった場合にも、買い主と同一視できると考えられます。

購入したペットが病気にかかっていた場合、どんな補償をするのか、どんな対処をするのかといったことを、購入を決める前に、あらかじめ売買契約書でしっかりと確認しておくことをお勧めします。

今すぐ相談

スポンサーリンク

関連ページリンク

スポンサーリンク

amazon