ペットトラブルホーム > ペットショップ・ブリーダーとのトラブル > 口約束が守られない場合

口約束が守られない場合
       −ペットショップとのトラブル

ペットショップで子犬を購入する際、口頭で、「1ヶ月以内に病気になったら治療費は負担する」と言われたのに、実際に病気になったら、「口約束だから無効」と言われるなど、書面に書かれていないことはなかったことにされることがあります。

  1. 契約の成立
  2. 契約書の大切さ

契約の成立

契約とは、申し込みと承諾の意思表示が合致することをいい、口約束だけでも有効です。

「買いたい」という申し込みと、「売ってもいいですよ」と言う承諾の意思の表示がうまくかみあった時に成立し、その契約には、内容や形式の自由が認められているのです。

契約書というと、印鑑を押して文書を取り交わすイメージがありますが、口約束だけでもちゃんと成立するのです。

ですから、口頭での約束があれば、ペットショップに子犬の治療費を請求することができます。

今すぐ相談

契約書の大切さ

ただし、口約束では文書に残されないため、約束の証明が難しいことは否めません。

ペットショップ側が口約束なんてしていない、と言い張り、その口約束を証言できる第三者がいなければ、口約束自体を証明することができなくなってしまいます。

メモ書きでもいいので、約束事は、必ず書面に残すようにしましょう。

契約書には、契約の当事者、成立時期、有効期限、目的、対象、当事者の権利義務を明確に記したうえで、同じ契約書を2通以上作成し、当事者双方が保管しておきます。

契約書は、どのような内容で契約が成立したのかを証明してくれるとても有力な証拠になりえるものなので、ぜひ作成しておきたいものです。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon