ペットトラブルホーム > ペットホテルとのトラブル > 預けていたペットが脱走

預けていたペットが脱走

ペットホテルに預けたところ、ペットが脱走してしまったのですが、ペットホテルに対してどんな請求ができますか。

  1. 寄託契約
  2. ペットホテルに対する請求

寄託契約

保管を引き受けたペットホテルは、自己の責任においてペットを保管して飼い主に返還しなければなりません。

この場合、ペットホテルにペットを預ける契約は寄託契約に相当します。(民法657条以下)

寄託契約は、有償か無償かによって責任が変わってきますが、有償の場合には、善良なる管理者の注意義務が必要で、無償の場合よりも、より重い責任が課されることになっています。

ペットホテルは言うまでもなく、宿泊代を取ってサービスを提供していますから、有償の場合に相当します。

ペットホテルとしては、檻などに出し入れする場合にも細心の注意を払う必要がありますし、仮に、檻から逃げ出したとしても、ホテルの施設内からは逃げ出さないようにするなどの工夫もすべきです。

今すぐ相談

ペットホテルに対する請求

ペットホテルに対しては、次のふたつの請求をすることができます。

まずは、逃げ出したペットを捜索するように請求すること、そして、捜索しても見つからない場合には損害の賠償を請求をすることができます。

賠償請求できるその範囲は、捜索にかかった費用、広告やチラシなどの印刷代、慰謝料、そして何よりも、ペットそのものの交換価値などが含まれます。

ちなみに、ペットホテルではなく、親しい友人や知人にお金を支払わず預けた場合には、自己の物に対するのと同一の注意義務を負えばよい無償寄託となり、賠償請求することはできません。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon