ペットトラブルホーム > ペットショップ・ブリーダーとのトラブル > 契約書がペットショップ側の免責事項だらけな場合

契約書がペットショップ側の免責事項だらけな場合
       −ペットショップとのトラブル

ペットを購入するときは、売買契約書を交わします。その内容をよく確認してください。

  1. 契約書の原則
  2. 覆したい場合の消費者契約法

契約書の原則

売買契約の原則は、当事者間で自由に物事を決めることができ、その契約内容にお互いが従う、というものです。

ですから、売買契約書に一度サインをすると、その内容を後から覆すには大変な労力が必要になります

契約書の内容が納得のいくものでない場合は、その内容を変更してもらうか、できないと言われたら、そのようなペットショップやブリーダーからの購入は考え直したほうがいいでしょう。

今すぐ相談

覆したい場合の消費者契約法

「消費者契約法」という、ペットの売買だけに限らず、あらゆる消費者と事業者の間の契約に適用される法律があります。

消費者契約法においては、消費者側が一方的に不利益を被るような条項は無効としています。

ペットショップやブリーダーが一方的に、自分たちに都合の良い免責事項だらけの契約書を作って契約させたとしても、その条項を無効だと主張することは可能なのです。

ですから、何かしらの問題が生じた場合に、契約書に書いてあるから仕方ない・・と簡単にあきらめる必要はありません。

ただし、当たり前のことですが、消費者契約法があるからといって安易に契約をしてよいわけではありません。

消費者側にとって契約内容が最初から不利だとわかっているなら、あとあとのトラブルを回避するためにも、そもそも、そのような契約を結ばないようにしたいものです。あとから無効主張をして、ペットショップやブリーダーになにかをしてもらうことは容易ではありませんから。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon