ペットトラブルホーム > ペットショップブリーダーとのトラブル > 希望のカット、トリミングと違う

希望のカット、トリミングと違う

ペット美容室でトリマーにペットのカット、トリミングをお願いしたら、イメージと全然違うカットになってしまったのですが、代金は支払わなければなりませんか。

  1. カットは請負契約

カットは請負契約

カットは、一定の仕事の完成を約束する請負契約に該当し、 美容院には、受けた注文どおりに完成させる義務を負うことになります。

ただし、カットの内容は、依頼者がどこまで詳細の要望をその美容院に対して注文したかによります。

例えば、雑誌の切り抜きや写真などを持参して、より具体的なカット後のイメージを美容院に対して伝えていたにもかかわらず、どうみても写真のイメージと異なる場合には、業務は完了していないと言えます。この場合飼い主は、再度イメージどおりにカットしなおすように要求することができます。

また、カットしすぎてイメージどおりに修復することが困難な場合には、契約の目的は達していないものとして契約を解除してカット料の支払いを拒否することができます。(民法635条)

ただ単に、短くして下さい、とか、可愛らしくという伝え方では曖昧さが残りますから、できるだけイメージを画像などで詳しく伝えないと、あとあとトラブルのもとになりかねませんので注意が必要です。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon