ペットトラブルホーム > ペットショップ・ブリーダーとのトラブル > ワクチン接種されていなかった場合

ワクチン接種されていなかった場合
       −ペットショップとのトラブル

  1. ワクチン接種済みと表示されていたら、損害賠償請求
  2. 獣医師が発行した証明書類

ワクチン接種済みと表示されていたら、損害賠償請求

ワクチン接種済みの子犬を購入したはずが、実際にはワクチンをまったく接種してないことがわかった場合、損害賠償請求することができます。

まずは、子犬を買った際の契約書を確認して下さい。契約書に接種済みの記載があれば、ペットショップ側が偽って販売していたわけですから、損害賠償請求をすることができます。

また、契約書にワクチン接種の記載がない場合には、店頭で子犬をどのように売っていたかの確認が必要です。ペットが入ったケージにワクチンの接種時期や接種回数が記してあったのであれば、うその表示をしているので、損害賠償の請求ができます。

ワクチン接種をしたはずの回数分の、ワクチン接種代金がその賠償額になります。

今すぐ相談

獣医師が発行した証明書類

本来、動物取り扱い業者に係わる基準により、販売業者はワクチン接種済みの動物を販売する場合には、獣医師が発行した証明書類を添付することになっています

ワクチン接種済みの動物を購入する際には、証明書類を請求しておけば、ペットショップ側との言った言わないの不毛な水掛け論になることもありません。

購入時には必ず契約書を作成し、ワクチンについての取り決めも記載しておきたいものです。

ワクチンの接種代金はペットの購入代金に含まれているのか、ワクチンの接種時期はいつだったのか、ワクチンの接種回数は何回か・・などを記録しておけば、後々のトラブルを未然に防ぐことができます。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon