内容証明研究会 > 完全出来高払いで働かせるのは違法か?(業務委託契約と雇用契約)

完全出来高払いで働かせるのは違法か?(業務委託契約と雇用契約)


質問

半年ほど前、求人誌で英会話教材の訪問販売の仕事を見つけ、採用されました。

求人誌には「月収100万円以上可能」と書いてあったのですが、給与体系は基本給が一切なく、完全な歩合給制でした。

毎日、朝早くから夜遅くまで足を棒にして営業したのですが、1ヶ月めも2ヶ月めも1件も契約を取ることができず、給与はゼロでした。

しかも、労働保険にも社会保険にも加入させてもらえず、いたたまれなくなって5ヶ月ほどで退社しました。

この5ヶ月間で会社から支給された給与は1円もありません。このような労働のさせ方は違法ではないのでしょうか。

回答

あなたの場合、「雇用契約」ではなく、「業務委託契約」を会社と交わしている可能性が高いです。

給与には、@時給・日給・月給制、A固定給+歩合給制、B完全出来高制などの種類があります。

業務委託契約の場合は、「労働者」として会社に雇われているのではなく、「個人事業主」として会社から仕事の発注を受けているかたちになりますので、労働基準法は適用されません。

ですから、Bの完全出来高制のかたちで契約を交わし、個人事業者として基本給ゼロで働くということもあり得てしまうわけです。

労働保険にも社会保険にも加入させてもらえなかったというのは、そのような理由だったのではないかと思います。

しかしあなたが、

  イ)会社から勤務時間が管理されていた

  ロ)仕事のやり方について会社から指揮監督されていた、

といった場合には労働者と見なされますので、雇用契約が適用となります。

勤務時間や仕事のやり方について、会社から管理監督されていたのであれば、内容証明で「雇用契約」を交わすべき労働者にあたるとして労働基準監督署に申し出る旨、通知してみることをおすすめいたします。

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク