売掛金、未払い給料、慰謝料、損害賠償、修理代、支払われるべきお金が支払われない・・・・・いろいろ手続があるけれど、その手続はどのように進めればいいの?
債権回収時の注意点や、回収の方法をお教えするサイトです。

説得力があり、相手の心を動かすことができ、事実関係が明確で、何を求めたいのかをはっきりとさせている。そんな内容証明を法律用語を用いながら作成します。

また、債務承諾書、分割払い確約書、合意書なども、状況に合わせて特約をつけるなどして、債権を守り、しっかりと回収できるような書類も作成しています。

メールでのご相談は、初回無料。24時間以内に返信させていただいております。
平成17年にはKDDIから承認を受け、au公式サイトとしてもご利用いただいております。もちろん、ドコモ・ソフトバンク携帯からもアクセス・相談することができます。

続きを読む

スポンサーリンク

このHPでは、債権回収に必要な知識や心構え、どのような方法で手続をすればよいのか、具体的におしえます。その方法は、内容証明郵便、公正証書、支払督促の申立、即決和解、調停、少額訴訟、簡易訴訟、通常訴訟、強制執行と、さまざまです。

ところで、裁判に勝てば、債権回収が完了する!と、思い込んでいる方が少なからずいます。なかなか、「勝訴≠回収」であることは説明してもらえませんから、仕方がないことです。裁判に勝訴するということは、正当に相手からお金を徴収する権利を与えられたということで、その後、相手が支払をしないからといって、罰せられたり、裁判所が取立てをしてくれるわけではないのです。

もし、勝訴しても、相手が支払をしない場合は、「強制執行」という手続をとって、相手の財産を差し押さえなければなりません。このとき、差し押さえる財産がなければ、強制執行手続をしても、空振りにおわってしまいます。

では、手続をとることはムダでしょうか?

そうではありません。手続の途中で相手が支払をするようになったり、今まで無視していた相手がきちんと対応してくるようになります。その他にも、内容証明や公正証書、さらには法的手続きをとり、時効を延長させるということや、債権を確定させるという点で意味もありますし、メリットもあります。回収の方法も広がります。

債権回収は、長期戦になる可能性もありますが、専門家ならではの知識と経験で、あなたの債権回収手続をサポートしていきたいと思っています。

手続を進めることのメリット・デメリットを確認する!

メルマガタイトル:なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧 カテゴリ別一覧  Powerd byまぐまぐ

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

債権回収方法と手続き

無料相談・お問い合わせ

▼債権回収方法のメリット・デメリット

債権回収メリット・デメリット

▼回収手続方法

内容証明で債権回収

支払確約書で債権確定

支払督促の申立

支払督促の異議申立

即決和解

訴訟(小額・簡易・通常)

強制執行

-自分でできる!-

債務承諾兼分割支払確約書

▼時効について

時効について

時効の中断・停止

時効一覧表

▼おすすめ

債権回収おすすめ書籍

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク