債権回収の方法と手続き > 手続き方法 > 内容証明で債権回収

内容証明で債権回収

債権回収手続の『はじめの一歩』が、内容証明郵便を利用することです。

その1 内容証明郵便の有効な利用のしかた

[時効の停止に利用]

時効まで、時間がない!場合に、内容証明郵便で支払請求をすることによって、時効の停止をすることができます。ただし、内容証明送付後、6ヶ月以内に、裁判上の手続をして下さい。

[債権譲渡で回収]

債権譲渡をしたいとき。内容証明郵便で債務者に譲渡通知をします。このとき、必ず、もともと債権を持っていた人(譲渡人)が通知しなければなりません。債権を貰った人(譲受人)が通知しても法的に無効です。

[相殺で回収]

相手に支払をさせようと思っている場合でも、こちらも支払義務があるような場合、自分に非がないようにしておこう!と、慌てて支払ってしまうことがよくあります。これは支払う必要ありません。内容証明郵便で、相殺しますよ。と伝えましょう。

心理的圧力をかけて回収]

電話やはがきなどでの督促と違い、内容証明郵便で請求されると、やはり驚きますし、返済しなければならないな・・という気持ちになります。行政書士や弁護士の職印が押してあると、より効果的であることは言うまでもありません。

今すぐ相談する!

 

その2 内容証明に記載したほうがいいこと

[共通記載事項]

  1. 請求事項
  2. 現在までの経緯(なくてもいいけれど、あったほうが効果的)
  3. 支払期日
  4. 振込先口座
  5. 支払期日
  6. 支払をしなかった場合に法的措置をとることや、損害金・利息などの請求をすることを記載してもいいでしょう。

[分割払いでもいいよ・・って場合は?]

一括で支払をしてもらうのが一番ですが、分割でもいいよ・・という場合は、『分割での支払を希望する場合は分割支払案を返送ください。』とか、『別途送付する分割支払確約書に署名押印し返送してください。』などと、書いて、別便で分割払い確約書を送付するといいでしょう。

[その他]

案件によって、突っ込みどころや、記載事項は変りますのでご相談いただけるといいのですが、一般的には上記のような内容証明でよいでしょう

今すぐ相談する!


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

債権回収方法と手続き

無料相談・お問い合わせ

▼債権回収方法のメリット・デメリット

債権回収メリット・デメリット

▼回収手続方法

内容証明で債権回収

支払確約書で債権確定

支払督促の申立

支払督促の異議申立

即決和解

訴訟(小額・簡易・通常)

強制執行

-自分でできる!-

債務承諾兼分割支払確約書

▼時効について

時効について

時効の中断・停止

時効一覧表

▼おすすめ

債権回収おすすめ書籍

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ