債務整理4つの方法トップ  >債務整理4つの方法  >民事再生

民事再生 <- 債務整理4つの方法

民事再生とは?
民事再生のメリット
民事再生のデメリット
住宅ローン特約

民事再生とは?

民事再生とは、返済が困難なことを裁判所に認めてもらい、減額された借金を、原則3年間かけて分割で返済していく手続きです。 自己破産のように借金はゼロにはなりませんが、住宅ローン以外の借金が大幅に減額されます。 家や財産を手放さなくてよいのが大きな特徴です。
ただし、無条件に高価な財産を維持できるというわけではありません。高価な財産が処分されない代わりに、その財産を処分した時に債権者に分配される金額より多くの金額を返済しなければなりません。 民事再生には、小規模民事再生と給与所得者等再生の2つがあります。

■小規模民事再生
個人事業主やサラリーマンなどで、借金が5,000万円以下の人を対象にしています。 最低弁済額(下記表)か、清算価値(自己破産した場合に貸金業者に配当される金額)のどちらか多い金額を返済していくことになります。

最低弁済基準
・ 借金額が100万円未満の場合、返済額は免除されない
・ 100~500万円未満の場合、100万円を返済
・ 500~1,500万円未満の場合、借金総額の1/5を返済
・ 1,500~3,000万円未満の場合、300万円を返済
・ 3,000~5,000万円未満の場合、借金総額の1/10を返済

■給与所得者等再生
小規模民事再生が利用可能で、収入の変動幅が小さい人が手続きできます。 最低弁済額と可処分所得のうち一番多い金額を返済します。 過去2年間の給与所得から政令で定める最低生活費と税金・社会保障費を引いたものが可処分所得となります。

民事再生のメリット

民事再生のデメリット

住宅ローン特約

住宅ローンが残っている場合、住宅ローンには抵当権がついています。そのため返済が困難になると、住宅は競売にかけられてしまいます。 しかし、民事再生の住宅ローン特約を利用すれば、再生計画に合わせて競売を猶予してもらい、返済期間の延長をしてもらうことで住宅を手放さずに済むのです。

ただし、住宅ローン自体の減額や免除はなく、手続き中も住宅ローンの返済はストップしません。他の借金を減額させて、住宅ローンを払うことによって自宅を手放さずに済むというわけです。 住宅ローン特約の返済期限の延長期間は10年以内です。また、70歳までに完済しなければなりません。

※45歳で残り20年の住宅ローンがある場合、10年延長して30年ローンにすることはできず、70歳になる25年で完済しなければなりませんので5年しか延長することはできません。

>民事再生とは  >民事再生の手続  >民事再生手続き費用  >民事再生のQ&A

関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

多重債務整理4つの方法

無料相談・お問い合わせ

▼債務整理の前に!

-債務整理にあたって

借金する人・しない人

あなたはどうしたいの?

誰もが借金生活?

債務整理の近道は収入増

-債務整理の予備知識

法的整理の不安

利息制限法とは?

過払い・過払い金返還とは?

悪質な取立への対策

▼過払い金返還請求

過払い金返還とは?

取引履歴開示請求

取引履歴開示拒否の場合

過払い金返還請求

過払い金返還和解

-裁判手続きで返還請求

和解決裂~裁判手続き

裁判~口頭弁論

貸金業者の反論

裁判の結果

専門家に依頼すべき場合

▼債務整理-4つの方法

-自己破産

自己破産とは?

自己破産手続の流れ

自己破産と免責

自己破産申立と費用

自己破産のQ&A

-任意整理

任意整理とは?

任意整理手続の流れ

任意整理の費用

任意整理のQ&A

-個人版民事再生

個人版民事再生とは?

民事再生手続の流れ

民事再生の費用

民事再生のQ&A

-特定調停

特定調停とは?

特定調停手続の流れ

特定調停のQ&A

▼債務整理の実際

自分で手続きをする

専門家に依頼する

債務整理相談窓口

▼おすすめ

多重債務救済おすすめ書籍

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ