相続・相続税対策・遺言トップ > 遺産分割協議 > 特別受益

特別受益

  1. 特別受益とは?
  2. 特別受益となるもの・ならないもの
  3. 特別受益がある場合の相続分の計算
  4. 特別受益と遺留分の関係
スポンサーリンク

1.特別受益とは?

相続を行うとき、生前に与えたものを算定しないと不公平になります。

民法では、婚姻や養子縁組のため、あるいは生活費として、生前に援助を受けていた場合は、遺産の前渡しとして、相続分から差し引くことを認めています。 この生前の贈与を特別受益といいます。

特別受益者が相続人ではない場合は、特別受益とはみなされませんので、相続人に返還する必要はありません。

今すぐ相談する!

2.特別受益となるもの・ならないもの

今すぐ相談する!

3.特別受益がある場合の相続分の計算

【特別受益を受けていない相続人の相続分】

(相続開始時の相続財産+特別受益分)÷法定または指定相続分

【特別受益を受けた相続人の相続分】

(上記計算によって算出された額)−(特別受益を受けた額)

この計算で0もしくはマイナスになった場合は、当然には配当を受けることができません。ただし、マイナスになっても特別受益者はマイナス分を返還する必要はありません

今すぐ相談する!

4.特別受益と遺留分の関係

被相続人は、遺言書によって、特別受益を関係ないものとして遺産分割を行うように指示することも可能で有効です。

ただし、この場合でも、遺留分を侵害されている場合は、遺留分権利者は遺留分減殺請求を主張することができます

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

相続手続・遺言作成のホーム

無料メール相談

▼相続基礎知識

-相続とは?-

相続とは?

法定相続人と法定相続割合

代襲相続

-相続人-

まだ生まれてない子・内縁の妻(夫)

非嫡出子

相続欠格

相続人廃除

相続人が行方不明

-相続放棄と限定承認-

相続放棄

相続財産の限定承認

▼相続財産

-相続財産とは-

相続財産とは・具体例

-どのように扱うか?-

生命保険金の受け取り

死亡退職金の受け取り

保証債務の相続

借地権の承継

▼遺産分割協議

遺産分割協議とは?

遺留分減殺請求

特別受益

寄与分

▼遺言状の作成

遺言状の種類

公正証書遺言

秘密証書遺言

直筆証書遺言

遺言状を作成できる人の要件

遺言状で遺言できる内容

遺言内容の撤回・変更

遺言内容の実現

スポンサーリンク