相続・相続税対策・遺言トップ > 遺言状の作成 > 遺言内容の実現

遺言内容の実現

  1. 遺言内容の実現
スポンサーリンク

1.遺言内容の実現

遺言状がみつかった時、公正証書遺言であれば、そのまますぐに遺言通りに遺産を分けることができますが、その他の形式の遺言だった場合は、家庭裁判所へ行って検認してもらわなければなりません(1ヶ月位かかります)。

それでも、内容に異議があるとか、これは書き換えられたものなのでは…と疑惑があると、遺産分割できなくなります。遺言証書は、公正証書遺言がおすすめです。

遺言には、遺言執行者の指定をしておくと、その執行者が、相続人全員の相続財産の名義変更などを、スムーズにすることができます。

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

相続手続・遺言作成のホーム

無料メール相談

▼相続基礎知識

-相続とは?-

相続とは?

法定相続人と法定相続割合

代襲相続

-相続人-

まだ生まれてない子・内縁の妻(夫)

非嫡出子

相続欠格

相続人廃除

相続人が行方不明

-相続放棄と限定承認-

相続放棄

相続財産の限定承認

▼相続財産

-相続財産とは-

相続財産とは・具体例

-どのように扱うか?-

生命保険金の受け取り

死亡退職金の受け取り

保証債務の相続

借地権の承継

▼遺産分割協議

遺産分割協議とは?

遺留分減殺請求

特別受益

寄与分

▼遺言状の作成

遺言状の種類

公正証書遺言

秘密証書遺言

直筆証書遺言

遺言状を作成できる人の要件

遺言状で遺言できる内容

遺言内容の撤回・変更

遺言内容の実現

スポンサーリンク