相続・相続税対策・遺言トップ > 遺言状の作成 > 公正証書遺言

公正証書遺言

  1. 公正証書遺言とは
  2. 公正証書遺言の長所と短所
  3. 公証人費用
スポンサーリンク

1.公正証書遺言とは

一番確実で問題がおきにくいとされている、遺言書です。

公証人役場で、2人以上の証人が立ちあい、遺言者が、遺言を口述し、公証人が筆記して作成します。その後、その全文を公証人が、遺言書を読み聞かせ、確認し、間違いがなければ、各自、署名・押印します。

もちろん、原案は事前に考え、公証役場で確認をしてもらって準備をします。作成した遺言書は公証役場でも保管してもらえます。

公正証書遺言書は、相続発生時に、裁判所の検認は不要ですから、手間がかかりません。

今すぐ相談する!

2.公正証書遺言の長所と短所

今すぐ相談する!

3.公証人費用

公正証書遺言を作成するには、公証人に以下のような所定の手数料を支払います。

遺産の価額 手数料 遺産の価額 手数料
〜 100万 1万6千円 〜 200万 1万8千円
〜 500万 2万2千円 〜 1000万 2万8千円
〜 3000万 3万8千円 〜 5000万 4万円
〜 1億 5万4千円 . .

1億円 〜 も料金は加算されます。受遺者の数ごとに手数料がかかったり、遺産の価額の評価の仕方など、具体的な料金は依頼先の公証人に確認するようにして下さい。

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

相続手続・遺言作成のホーム

無料メール相談

▼相続基礎知識

-相続とは?-

相続とは?

法定相続人と法定相続割合

代襲相続

-相続人-

まだ生まれてない子・内縁の妻(夫)

非嫡出子

相続欠格

相続人廃除

相続人が行方不明

-相続放棄と限定承認-

相続放棄

相続財産の限定承認

▼相続財産

-相続財産とは-

相続財産とは・具体例

-どのように扱うか?-

生命保険金の受け取り

死亡退職金の受け取り

保証債務の相続

借地権の承継

▼遺産分割協議

遺産分割協議とは?

遺留分減殺請求

特別受益

寄与分

▼遺言状の作成

遺言状の種類

公正証書遺言

秘密証書遺言

直筆証書遺言

遺言状を作成できる人の要件

遺言状で遺言できる内容

遺言内容の撤回・変更

遺言内容の実現

スポンサーリンク