相続・相続税対策・遺言トップ > 相続の基礎知識 > 相続人廃除

相続人廃除

  1. 相続人廃除とは
  2. 遺言で行う相続人廃除
  3. 相続人廃除された者の子の代襲相続
  4. 相続人廃除の取消し請求
  5. 遺贈は有効、寄与分の主張はできない
スポンサーリンク

1.相続人廃除とは

被相続人の意思で、推定相続人(法定相続人)から相続権を奪う制度のことです。

遺留分を持っている推定相続人が、被相続人に対して虐待をしたり、過大な侮辱を加えたり、著しい非行があった場合、被相続人は推定相続人の廃除(排除)を家庭裁判所に請求することができます。 家庭裁判所の調停または審判により相続人の廃除が認められれば、推定相続人は相続権を失います。

また、相続権が剥奪されるのは、相続欠格と同じように、特定の被相続人との場合のみの相続関係であり、他の者の相続に関しては関係なく、相続資格があります 。

今すぐ相談する!

2.遺言で行う相続人廃除

相続人廃除は遺言によって行うこともできます。これを遺言廃除といい、この場合、遺言で指定された遺言執行者が、家庭裁判所に相続人廃除を請求することになります。

遺言で相続人の廃除の定めがあったとしても、廃除の請求を相続人が行うことはできず、必ず遺言執行者が行わなければなりません。 遺言執行者が遺言で指定されていないときは、相続人等は遺言執行者の選任を家庭裁判所に請求することになります。

今すぐ相談する!

3.相続人廃除された者の子の代襲相続

相続人廃除をされた者だけが相続人となれないだけであり、その子や孫が代襲相続人となることは可能です。

今すぐ相談する!

4.相続人廃除の取消し請求

相続人廃除は、その取り消しを家庭裁判所に請求することができますので、相続権の回復の可能性があります。

今すぐ相談する!

5.遺贈は有効、寄与分の主張はできない。

相続人廃除をされた者は相続人とはなれませんが、遺贈を受けることは可能です。

また、どんなに財産を築き上げるのに寄与していたとしても、自ら寄与分を主張することもできません

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

相続手続・遺言作成のホーム

無料メール相談

▼相続基礎知識

-相続とは?-

相続とは?

法定相続人と法定相続割合

代襲相続

-相続人-

まだ生まれてない子・内縁の妻(夫)

非嫡出子

相続欠格

相続人廃除

相続人が行方不明

-相続放棄と限定承認-

相続放棄

相続財産の限定承認

▼相続財産

-相続財産とは-

相続財産とは・具体例

-どのように扱うか?-

生命保険金の受け取り

死亡退職金の受け取り

保証債務の相続

借地権の承継

▼遺産分割協議

遺産分割協議とは?

遺留分減殺請求

特別受益

寄与分

▼遺言状の作成

遺言状の種類

公正証書遺言

秘密証書遺言

直筆証書遺言

遺言状を作成できる人の要件

遺言状で遺言できる内容

遺言内容の撤回・変更

遺言内容の実現

スポンサーリンク