相続・相続税対策・遺言トップ > 相続の基礎知識 > 相続放棄

相続放棄

  1. 相続放棄とは
  2. 相続放棄の要件と方法
  3. 相続放棄できない場合(注意
  4. 相続放棄しないで(注意
スポンサーリンク

1.相続放棄とは

相続放棄とは、相続財産のすべてを受け継がないことです。プラスの財産も、マイナスの財産もです。

相続放棄をした者は、初めから相続人ではなかったことになり、被相続人の権利義務は承継されません。

被相続人の死後、葬儀や四十九日法要などバタバタと日にちは過ぎていきます。後から借金が出てきたとならないためにも、死亡後は直ちに債務を含めた遺産の調査をしましょう。

借金ばかりだと思って相続放棄をしたら、後から資産があることがわかる場合もあります。そのような場合でも、原則として相続放棄の撤回は認められません。相続放棄の撤回を認めると、その他の相続人や債権者に多大な迷惑をかけることとなるからです。

しかし、他の相続人によって脅迫されて相続放棄した場合や、詐欺によって相続放棄した場合など、相続人の意思に反する特別の事情がある場合は、家庭裁判所に申述して相続放棄の取り消しが認められる場合があります

今すぐ相談する!

2.相続放棄の要件と方法

要件

  1. 自己のために相続が開始したことを知った日から3ヶ月以内に行うこと
  2. 放棄前に、単純承認(普通に相続をすること)、限定承認、法定単純承認事由がないこと

方法

今すぐ相談する!

3.相続放棄できない場合(注意

相続放棄をする前に、相続財産の一部を受け取って(使用して)しまったら単純承認したものとみなされて、相続放棄はできませんので注意してください。

今すぐ相談する!

4.相続放棄しないで(注意

父が亡くなり母と子で相続する場合、母に全てを続させるために子全員が相続放棄しようと考える方がいますが、この場合に相続放棄をしてはいけません。

第1順位である子が相続放棄した場合、次の順位の相続人である祖父母、伯父伯母(場合によってはその子供にまで)に相続権が移ることになります。
このような場合は、遺産分割協議で母のみが相続するように決めればいいだけなので、早まらないようにしてください

また、どんなに財産を築き上げるのに寄与していたとしても、自ら寄与分を主張することもできません。ですから、寄与分だけ欲しいという場合も相続放棄をしてはいけません。

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

相続手続・遺言作成のホーム

無料メール相談

▼相続基礎知識

-相続とは?-

相続とは?

法定相続人と法定相続割合

代襲相続

-相続人-

まだ生まれてない子・内縁の妻(夫)

非嫡出子

相続欠格

相続人廃除

相続人が行方不明

-相続放棄と限定承認-

相続放棄

相続財産の限定承認

▼相続財産

-相続財産とは-

相続財産とは・具体例

-どのように扱うか?-

生命保険金の受け取り

死亡退職金の受け取り

保証債務の相続

借地権の承継

▼遺産分割協議

遺産分割協議とは?

遺留分減殺請求

特別受益

寄与分

▼遺言状の作成

遺言状の種類

公正証書遺言

秘密証書遺言

直筆証書遺言

遺言状を作成できる人の要件

遺言状で遺言できる内容

遺言内容の撤回・変更

遺言内容の実現

スポンサーリンク