相続・相続税対策・遺言トップ > 相続の基礎知識 > 未出生の子・内縁の妻(夫)

未出生の子・内縁の妻(夫)

  1. 妊娠中の相続
  2. 内縁関係者の相続
スポンサーリンク

1.妊娠中の相続

妊娠中に夫が死亡した場合、お腹の赤ちゃんにも相続権はあります。

民法では、権利能力の開始時期を出生と同時と定めています。しかし、相続に関しては例外で、胎児に権利能力があるとしています。もっとも、この例外は生きて産まれてくることが前提となっているため、流産や死産の場合は遡ってこの権利は消滅します。

ただし、生きて産まれて数時間後に死亡した場合などには相続権は発生したものとみなされます。

今すぐ相談する!

2.内縁関係者の相続

内縁の夫が死亡した場合、内縁の妻に相続権は、条件によって認められ始めています。

以前は、戸籍上で、血縁関係や婚姻関係を認められていなければ相続権はありませんでした。

ですから、遺言が無い場合は、まず、相続人にはなれませんでした。そして、法定相続人がいない場合にのみ、特別縁故者といって、夫婦同然に生活していた人や肉親のように面倒を見ていた人が、相続人として認められることがあった程度です。

ですが、最近では、内縁者にも、配偶者と同様に相続権が認められ始めてきました。夫婦同然の関係であったのでしたら、家庭裁判所に申立て、承認してもらい、財産分与を受けましょう。

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

相続手続・遺言作成のホーム

無料メール相談

▼相続基礎知識

-相続とは?-

相続とは?

法定相続人と法定相続割合

代襲相続

-相続人-

まだ生まれてない子・内縁の妻(夫)

非嫡出子

相続欠格

相続人廃除

相続人が行方不明

-相続放棄と限定承認-

相続放棄

相続財産の限定承認

▼相続財産

-相続財産とは-

相続財産とは・具体例

-どのように扱うか?-

生命保険金の受け取り

死亡退職金の受け取り

保証債務の相続

借地権の承継

▼遺産分割協議

遺産分割協議とは?

遺留分減殺請求

特別受益

寄与分

▼遺言状の作成

遺言状の種類

公正証書遺言

秘密証書遺言

直筆証書遺言

遺言状を作成できる人の要件

遺言状で遺言できる内容

遺言内容の撤回・変更

遺言内容の実現

スポンサーリンク