内容証明研究会 > 内容証明郵便の書き方

内容証明郵便の書き方

1.内容証明郵便の書き方

内容証明郵便は、お手紙ではありますが、いろいろな規制があります。以下の点に気をつけて書けば、OK!  
>>ちょっとしたコツはメルマガ第7号を参考に・・

字数・行数

26行以内・1行は20文字以内
どんな紙に書いても、縦書き、横書き、どちらでもOKです。
”以内”ですので、20行でも、1行18文字でも、もちろんいいです。

ワンポイントアドバイス

ワープロで作成するときは、26行19文字で、書式設定するといいです。
なぜって、行の最後に句読点がくると、もし、20文字で設定してると、
「。」や「、」は21文字目になってしまいますからね。
句読点や記号も1文字として数えます

部数

3部同じモノを用意して下さい。コピーでもいいし、プリントアウト、カーボン、なんでもOK!

使える文字

漢字・仮名・数字のみです。ただし、英字の固有名詞(商品名や車の型式など)は、OK。括弧、句読点、一般的な記号(+、%)も使えますが、これらも、1文字として数えます。

訂正・修正

訂正したり、削除したい文字は判読できるように線を引き、該当箇所の上欄に「3字訂正」 「1字加入」のように書いて、印を押します。

年月日・住所・氏名

文章中に必ず、作成年月日、差出人住所・氏名、受取人住所・氏名を書きます。

差出人氏名の下(横書きなら右)に、捺印します。認印でOK。訂正した際の印と同じモノを押します。

封筒

本文で書いた住所氏名と同じでなければなりません。封は、しないで、郵便局に持っていきます

今すぐ相談する!

2.差出日付、差出人と受取人

内容証明文書の最初でも、最後でもかまいません

相手の住所・氏名、あなたの住所・氏名を正確に記載します。封筒に記載する住所・氏名と同じでなければなりません。差出日付も、年月日で記載しましょう。

今すぐ相談する!

3.契印?押印?

  1. 内容証明をホチキスなどで留め、一枚づつ、割り印(契印)をします。
  2. 最後(最初でもok)に、日付、住所、氏名を書き、氏名のうしろに押印します。
  3. は、あなたの印鑑です!(認印でもOK!)
  4. は、行政書士に依頼して内容証明を作成した場合に、事務所名、行政書士名が入り、職印を押すことになります。

今すぐ相談する!

4.タイトルは?

内容証明のタイトルは、なんでもかまいません。

「催告書」「契約解除通知書」「請求書」「通知書」・・・

タイトルに困ったときは、「通知書」にしておきましょう。

今すぐ相談する!


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

内容証明研究会のホーム

相談・お問い合わせ

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ