内容証明研究会 > 債権回収の方法、コツ > 自分でできる債務承諾書兼分割支払い確約書

自分でできる『債務承諾書兼分割支払確約書』

債務承諾書兼分割払確約書とは、債務者がその債務を認めているときに作成しておくものです。この確約書を作成した日に、「時効の中断」の要件でもある「債務承諾をした」ことになります。

また、相手が債務は認めているが、一括での支払いが困難な場合に、分割支払い計画を書面にしておくものでもあります。「期限の利益喪失特約」をつけることで、分割支払いを1回でも怠った場合に、残債務すべてを一括返済させることができるようにしてあります。

「債務承諾書兼分割支払確約書」の内容

自分でできる!
『債務承諾書兼分割支払確約書(PDF/WORD)』(15750円(税込))内容

1 作成マニュアル 完成サンプルに対応した具体的数字等を使い、一般の方でも分かりやすく、ご自身で作成できるよう、各項目の説明はもちろんのこと、書類の綴り方、割印の押し方まで図を入れて解説してあります。
2 手書き記入用(PDF)
(連帯保証人あり・なし)
ワープロソフトのご利用が苦手な方のために、印刷後、必要項目を手書きして作成することができるようになっています。
PDFファイル形式になっていますので、どんなパソコンでも形が崩れることなく、印刷し、綺麗な債務承諾書兼分割払確約書を作れます。
連帯保証人をつける場合とつけない場合の2パターン用意してあります。
3 WORDなど
ワープロソフト入力用

(連帯保証人あり・なし)
パソコン入力ができる方のために、必要事項をパソコン入力して作成できるようになっています。
(WORD形式で提供させていただいております。
ワープロソフトをお持ちでない方は、OpenOfficeなどフリーのソフトウエアをダウンロードすることで利用することができます。)
連帯保証人をつける場合とつけない場合の2パターン用意してあります。
4 完成サンプル
(連帯保証人あり・なし)
連帯保証人ありのサンプル、なしのサンプル2パターン用意してあります。
「債務承諾書兼分割支払確約書」の完成サンプルで、お客様ごとに入力(記入)される部分は、文字色を変えてわかりやすくしてあります。
5 無料メールサポート マニュアルを読んでいただければ、作成できるようになっておりますが、分からない部分がある場合など、ご質問には、無料メールサポートを行っております。


債務承諾書兼分割支払確約書を作成するには、債権者と債務者(連帯保証人)の間で、以下の事項について合意を得ることが必要になります。

  1. 債務者が債務を認め、分割での支払いにも応じること。
  2. 債務者の分割返済計画の内容に債権者が合意すること。
  3. 利息、遅延損害金についての取り決め
  4. 債務者が分割払いを怠った場合などに「期限の利益」を喪失し、一括返済に応じること。
  5. 問題が生じた場合の第一審裁判所(通常は債権者住所地の管轄裁判所)

「債務承諾書兼分割支払確約書」(15750円)の購入

相談ページから、「債務承諾書兼分割支払確約書」(15750円)の購入の旨をメールでお知らせください。   相談ページへ!


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ