尊厳死宣言書・危急時の伝言書 〜安心を形にする会
尊厳死宣言書 危急時の伝言書 依頼人の声 よくある質問 費用と申込 尊厳死宣言書 安心を形にする会TOP
危急時の伝言書
 

危急時の伝言書とは?

危急時の伝言書に何を書くのか?
危急時の伝言書と遺言の違い


自分でできる
「危急時の伝言書」の申込

事務局

特定商取引法表示










危急時の伝言書とは?

『危急時の伝言書』とは 自分の身に何か起きたとき(例えば、事故にあったり、倒れたり、意識がなくなったり、末期がんになったときなど)、うまく意思を伝えることができなくなったときに、近親者に『伝えたいこと、自分のお願い』を文書にしておくものです。伝えたいことを、『何でも』書いておくことができる、「伝言書」です。

もし、意識がなくなって、そのまま死んでしまう場合、家族は、誰に何を伝えればいいのか、何の手続きをしなければならないのかわからず、混乱し、迷います。どこに何があるのか、どうしてほしいのかわかりません。そのようなとき、『この伝言書に書いてあることをすれば、あなたのためになる。』 と、わかれば、自信を持って、あなたのために行動に移せます。危急時には、家族は、何も手につかなくなってしまうものです。
『危急時の伝言書』は、法的に保護された書類ではありません。しかし、本当にあなたが書いた、伝言書であれば、叶えられるのではないでしょうか?

この『危急時の伝言書』は、いつでも見ることができるようにしておいて、周囲の人に理解を深めておいても、また、封印しておいて、ある時期がきたら、それを開けるように周囲に頼んでおいてもいいでしょう。



 

Copyright(C) 安心を形にする会 all rights reserved.