不倫・浮気・離婚・婚約破棄・セクハラの慰謝料請求は内容証明郵便で解決!
 

男女の慰謝料請求サイト >婚約破棄の慰謝料請求は誰に?

婚約破棄の慰謝料請求は誰に?

婚約中に相手が浮気をしたり、相手の両親や親族に妨害されたりして婚約解消することになった場合、誰に慰謝料請求をすれば妥当なのでしょうか?

その1 婚約相手の浮気相手に慰謝料請求したい場合
その2 婚約相手に慰謝料請求したい場合
その3 婚約相手の親族に慰謝料請求したい場合

 


婚約相手の浮気相手に慰謝料請求したい場合

婚約相手の浮気相手に慰謝料請求したい場合の要件

  1. あなたと婚約相手との間に、法律で保護してくれるような婚約が成立していた
    婚約成立の立証はあなたがしなければなりません)
  2. あなたと婚約相手が、正式な婚約中であることを知っていながら、「悪意・害意をもって、積極的に誘惑した」など、社会通念上認容できない行動があった

以上の2点が、婚約相手の浮気相手に慰謝料請求する要件になると思われます。 基本的に恋愛は自由ですから、慰謝料請求の相手は、あなたを裏切った婚約相手にすべきとされますので、特に2.の要件を立証できるか、冷静に考えてみてください。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ


婚約相手に慰謝料請求したい場合

不誠実な婚約相手に慰謝料請求したい場合

  1. あなたと婚約相手との間に、法律で保護してくれるような婚約が成立していた
    婚約成立の立証はあなたがしなければなりません)
  2. .婚約破棄の理由が「正当な理由」ではない

以上の2点が婚約相手に慰謝料請求する要件になると思われます。

「自信がなくなった」「なんとなく」など、あいまいな理由はもちろんのこと、たとえば、相手が浮気をして婚約破棄することになった場合に、こちらから婚約解消を申し入れた場合でも、当然ですが婚約破棄の原因を作った相手に慰謝料請求することができます。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ


婚約相手の親族に慰謝料請求したい場合

婚約相手本人は、結婚するつもりだったのに、親や親戚などに言いくるめられ破談になった場合

  1. あなたと婚約相手との間に、法律で保護してくれるような婚約が成立していた
    婚約成立の立証はあなたがしなければなりません)
  2. .親や親族が単に反対した、というだけではなく、積極的に干渉・妨害をし、それが原因となって婚約解消になった

以上の2点が婚約相手の親族に対しても婚約者と共に、共同不法行為の責任を負わせる要件になると思われます。

実際に、親族に何と言われようと本人の意思で結婚はできるのですから、親族が、積極的に干渉・妨害をおこなったということが要件に加わります。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

 

 
   

慰謝料とは
 
   
   
   
   

不倫浮気の慰謝料請求
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

婚約破棄慰謝料請求
   
   
   
 
   
   
   
   
   

内縁、同棲関係
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

離婚
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

結婚、婚姻
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

セクハラパワハラ慰謝料
   
   
   
   
   
   

   

   
   

   

『なにがなんでも!内容証明研究会』

(マガジンID:0000096354)

-> バックナンバー一覧

まぐまぐ で発行しています...


内容証明研究会
労働基準法の解説 労働どっとネット
クーリングオフ代行 解約どっとネット
慰謝料請求・不倫浮気セクハラ 慰謝料請求・不倫浮気セクハラ 慰謝料請求・不倫浮気セクハラ