法定任意成年後見契約解説・解除
成年後見制度の解説。法定後見と任意後見契約の違い、トラブル事例
成年後見制度の解説。法定後見(後見・保佐・補助)と任意後見契約についての解説
後見契約締結をして安心するのではなく、後見人が本当に信頼できる人だったのか?
不信感が募ったときの対処法なども解説しています
  
成年後見制度トップページ
  
成年後見制度とは?
  
法定後見制度とは?
 -成年後見人制度について-
法定後見制度とは?
  =後見=
後見とは(対象者)?
後見人の取消権・追認権
後見人の代理権
  =保佐=
保佐とは(対象者)?
保佐人の同意権
保佐人の取消権・追認権
保佐人の代理権
  =補助=
補助とは(対象者)?
補助人の権利
 -成年後見人(保佐・補助)の職務-
財産調査・財産目録作成
身上監護と財産管理
同意権と代理権
行為に制限を受ける事
成年後見事務費用
成年後見事務の終了
 -成年後見監督人-
成年後見監督人とは?
成年後見事務監督
 -成年後見人を解任したい-
成年後見人の解任
解任審判前の保全処分
  
法定後見の準備と申立
  
任意後見制度と契約
  
成年後見制度等関連四法
  
関連資料


 成年後見制度解説 > 法定後見制度とは? > 後見人の代理権

法定後見人の代理権

  1. 代理権
  2. 「同意権」がない理由

1.代理権

成年後見人は『本人』の財産を管理し、その財産に関する法律行為について『本人』を代理します。

「『本人』の財産を管理する」とは?

財産を管理する権限(包括的な財産管理権)を持つことです。

「その財産に関する法律行為」とは?

・預金の管理・払戻し
・不動産その他重要な財産の売買
・賃貸借の締結・ 解除
・担保物権の設定
・遺産分割
・生活又は療養看護(身上監護) を目的とする介護契約
・施設入所契約
・医療契約の締結

など。 また、これらの法律行為に関する登記・供託の申請、要介護認定の申請 等の行為も、代理権の対象となると解されています。

代理権の対象とならないもの

婚姻、認知、嫡出認否等の身分行為や、医療同意等の一身専属的な行為は、代理権の対象とならず、遺言についても除外されます。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

2.『同意権』がない理由

「後見」という類型の場合、『本人』は、「自己の財産を管理・処分できな い程度に判断能力が欠けている者、すなわち、日常的に必要な買い物 も自分ではできず、誰かに代わってやってもらう必要がある程度の者」ですので、成年後見人の同意があっても完全な法律行為をするこ とができません。ですから、保佐や補助の制度にある「同意権」は、後見の制度に はありません。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ




Yahoo!ブックマークに登録

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする

プライバシーポリシー
  
内容証明研究会
  
相続手続き・遺言作成
  
安心を形にする会

メール無料相談、電話面談相談