法定任意成年後見契約解説・解除
成年後見制度の解説。法定後見と任意後見契約の違い、トラブル事例
成年後見制度の解説。法定後見(後見・保佐・補助)と任意後見契約についての解説
後見契約締結をして安心するのではなく、後見人が本当に信頼できる人だったのか?
不信感が募ったときの対処法なども解説しています
  
成年後見制度トップページ
  
成年後見制度とは?
  
法定後見制度とは?
  
法定後見の準備と申立
 -申立て準備-
本人・財産の状況など確認
医師へ診断書・鑑定依頼
 -申立て手続き-
後見開始審判申立
審判申立書類
審判添付書類
家庭裁判所の調査と審理
医師による鑑定
成年後見人の選任
審判前の保全処分
即時抗告・確定・嘱託登記
  =市町村長の申立=
市町村長の申立
 -成年後見人選任後の諸手続き-
『本人』判断能力の変化
保佐人同意権に関する申立
補助人同意権付与の申立
代理権を付与する審判申立
欠員・増員時の成年後見人(保佐人・補助人)選任
成年後見人の辞任申立
成年後見審判の取消し申立
  
任意後見制度と契約
  
成年後見制度等関連四法
  
関連資料


 成年後見制度解説 > 法定後見の準備と申立 > 後見開始(保佐・補助)審判申立書

申立の趣旨・申立の実情 | 保佐及び補助の同意権・代理権付与の審判 | 成年後見人(保佐人・補助人)の候補者


後見開始(保佐・補助)審判申立書


   3.保佐及び補助の同意権・代理権付与の審判


3.保佐及び補助の同意権・代理権付与の審判

申立てようとする類型が、保佐又は補助の場合には、必要に応じて『同意権又は代理権付与の審判の申立て』が必要となります。

『同意権・代理権付与の審判の申立て』は、保佐開始の審判又は補助開始の審判の申立時に行う場合と、保佐開始の審判又は補助開始の審判がなされた後、必要に応じて申立てをする場合とがあります。

保佐開始の審判又は補助開始の審判申立時に行う場合は、保佐開始申立書又は補助開始申立書の「申立ての趣旨」欄に、付与の審判を求める項目を○で囲み、その行為の内容を列記しなければなりません

保佐の場合

  • 同意権付与の申立て(範囲の拡張)
    法定されている「保佐人の同意を得ることを要する行為」以外の同意権が必要な場合には、 範囲を拡張することが可能です。その場合には、拡張するものを付与するための申立てが必要となります。
  • 代理権付与の申立て
    『本人』の状態によっては、保佐人が『本人』の代理をしなければならない場合があります。その場合には、代理権付与の申立てを行う必要があります。保佐人は与えられた代理権の範囲で『本人』を代理します。

※保佐開始がされた後でも必要に応じて申立てすることができます。日用品の購入その他日常生活に関する行為については、対象とすることはできません。

補助の場合

必ず、『同意権付与の審判又は代理権付与の審判の申立て』をしなければなりません(補助の場合、同意権付与の申立ても代理権付与の申立てもないことはあり得ません。)。

申立方法として、@同意権のみ、A代理権のみ、B同意権プラス代理権の3つのパターンが考えられますが、必要に応じて選択してください。

  • 同意権付与の申立て
    補助人には「保佐人の同意を得ることを要する行為」の一部についてのみ同意権を付与することができます。その場合には、同意権を付与するための申立てが必要となります。
  • 代理権付与の申立て
    『本人』の状態によっては、補助人が『本人』の代理をしなければならない場合があります。その場合には、代理権付与の申立てを行う必要があります。補助人は与えられた代理権の範囲で『本人』を代理します

※補助開始がされた後でも必要に応じて申立てすることができます

今すぐ相談する! | このページの一番上へ




Yahoo!ブックマークに登録

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする

プライバシーポリシー
  
内容証明研究会
  
相続手続き・遺言作成
  
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜





メール無料相談、電話面談相談