債務整理4つの方法

債務整理の実際

自分で債務整理の手続きをする  司法書士などの専門家に依頼する  相談窓口

司法書士などの専門家に依頼する

どの専門家にも得意・不得意とする分野があります。自分が相談したい内容にその専門家が強くなければ、的を得たアドバイスがもらえないのは当たり前のことです。

弁護士・司法書士だから安心・・・という考えは捨てましょう。

専門家に依頼するとしても、まずはそのメリット・デメリットをしっかりと理解して下さい。

メリット

1)複雑な手続きを、迅速かつ確実に進めることができる
安心して手続きを任せることができます。

2)過払い金を業者から取り戻すことができる
自分で手続きをした場合には、なかなか過払い金を取り戻すことは難しいですが、専門家が直接業者と交渉することによって、過払い金を業者から取り戻すことができます。

3)債権者からの督促がすぐに止まる
弁護士や司法書士が、依頼主から借金・債務の整理手続きを受任すると、債権者に受任通知を発送します。これにより、債権者が受任通知を受け取ったあとは、本人への請求・督促は行えなくなります。

デメリット

1)高額な弁護士費用
依頼する場合の費用は、決して安くはありません。

->債務の整理の方法(1)/自己破産  ->債務の整理の方法(2)任意整理
->債務の整理の方法(3)個人版民事再生  ->債務の整理の方法(4)特定調停