債務整理4つの方法

 債務整理4つの方法トップ  >過払い金返還請求

過払い金とは? <-過払い金返還請求

過払い金とは?
過払い金返還請求は早い者勝ち
ショッピングローンは対象外
過払い金が発生しているかどうか

過払い金とは?

過払い金とは、本来払う必要のない金利です。任意整理の過程で、過払い金があるとわかった場合、余分に払っている金利は元本に充当され、返済額が減ることになります。元本を上回る場合は返還してもらうことができるのです。

では、過払い金はどうして発生してしまうのでしょうか。
それは、出資法と利息制限法という2つの法律があるからです。 利息制限法では、借金の額が10万円未満は年20%、10〜100万円未満は年18%、100万円以上は年15%に金利が制限されており、これを超える金利は法律上無効とされるのですが、超えたとしても処罰の対象にはなりません。

しかし、出資法では金利の上限が年29,2%とされており、これを超えた金利を設定した場合は刑罰が科されてしまいます。 この利息制限法と出資法の間のことを『グレーゾーン金利』といい、貸金業者はこのグレーゾーン金利で金利を設定し利益を得ていたのです。つまり、この部分の金利で返済をしていたものが過払い金なのです。


過払い金返還請求は早い者勝ち

過払い金という言葉が世間に認知され始め、近年債務者からの過払い金請求が増え続けています。それによって貸金業者の経営に大きな影響を及ぼしています。倒産に追い込まれている貸金業者も少なくありません。

貸金業者との和解や裁判で、過払い金が返還されることになっても、経営状態の悪化によりなかなかお金が支払われないケースが多いようです。

貸金業者が倒産してしまってからでは、もうお金を取り戻すことはできません。悪質な業者では、倒産や営業譲渡などによって過払い金の返還を逃れようとしているところもあります。過払い金が発生しているかもと思ったら、すぐに行動に移しましょう。

ショッピングローンは対象外

カードで現金を借りた場合、金利が年20%以上であれば過払い金の対象になります。しかし、カードを使って買い物をした、つまりショッピングで使ったローンは割賦契約となり、過払い金の対象外なのです。

ショッピングローンの返済のために貸金業者から借金をした場合は、貸金業者への借金は過払い金の対象となります。

過払い金が発生しているかどうか

グレーゾーン金利で借金をしているからといって、過払い金が発生しているとは限りません。もちろん、払う必要のない金利を払っているのですが、払いすぎた金利はまず元本に充当されることになります。

この元本がゼロになるまでにだいたい5年ほどかかります。(金利によって異なります) ですので、グレーゾーン金利で5年以上返済をしている人は過払い金が発生している可能性があります

5年以下であっても、不当な金利は元本に充当して借金を減らすことができますので、どちらにしてもまずは引き直し計算を行いましょう。

>過払い金とは?  >取引履歴開示請求  >取引履歴開示拒否の場合  >過払い金返還請求
>過払い金返還和解  >和解決裂〜裁判手続き  >裁判〜口頭弁論   >貸金業者の反論
>裁判の結果  >専門家に依頼したほうがいい場合