債務整理4つの方法

 債務整理4つの方法トップ  >債務整理4つの方法  >任意整理

任意整理<- 債務整理4つの方法

任意整理とは?
任意整理のメリット
任意整理のデメリット
信用情報センター参考リンク

任意整理

任意整理とは、債務者側が和解案を提案し、貸金業者と協議した上で返済額や返済期間を変更することです。 貸金業者がこの提案にOKすれば、月々の返済額を無理のない額に減らすことが可能です。

任意整理は自己破産や民事再生とは違い、全ての貸金業者に対して債務整理を行う必要はありません。 自己破産や民事再生は裁判所での手続きになりますが、任意整理は特定の相手とだけの和解になりますので、友人や親戚などが保証人になっている借金で、保証人に迷惑をかけたくない場合などは、その借金だけを外すことも可能です。

ただし、任意整理は貸金業者にとってはおいしい話ではないので、個人での交渉は簡単なものではありません。相手は百戦錬磨ですので、うまく言いくるめられてしまう可能性もあります。費用はかかっても専門家に頼んだ方が、結局は得になる場合が多いです。


任意整理のメリット

  • 財産が処分されない
  • 自己破産のような資格制限がない
  • 特定の債権者を選んで交渉できる
  • 名前が官報に載らない
  • 利息制限法による引き直し計算により借金が減る(過払い金があれば返還請求できる)
  • 未払い金利、遅延損害金、将来金利を返済する必要がない
  • 借金の理由は不問(ギャンブルや浪費のための借金でもOK)

任意整理のデメリット

  • 借金の減額幅が少ない
  • 交渉次第で減額幅に大きな差が出る
  • ブラックリストに載るので、おおむね7年間ぐらいは借金もできず、クレジットカードも作ることができない

>任意整理とは  >任意整理の手続  >任意整理の費用  >任意整理のQ&A