相続手続,相続税対策
相続手続,相続税対策,遺産分割協議書,遺言作成,遺留分減殺請求の無料相談
相続人調査から名義変更までの相続手続き、遺言状・遺産分割協議書の作成、遺留分減殺請求
相続開始後にトラブルを避けるための遺言書作成や、遺産分割協議書作成
内容証明での遺留分減殺請求や相続放棄の方法など
相続トップ提供サービス一覧ご依頼の流れ取材・講演受付無料メール有料電話相談
  
相続基礎知識
 
相続財産
 
遺産分割協議
遺産分割協議とは?
遺留分減殺請求
特別受益
寄与分
 
遺言状の作成


 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
 相続・相続税対策・遺言トップ > 遺産分割協議 > 遺留分減殺請求とは?

遺留分減殺請求とは?

  1. 遺留分とは?
  2. 遺留分の侵害?
  3. 遺留分減殺請求
  4. 遺留分減殺の請求期間

1.遺留分とは?

配偶者・子・直系尊属に保障されているもので、直系尊属のみが相続人の場合は、基礎財産の3分の1、その他の相続人がいる場合は、基礎財産の2分の1が遺留分といわれるものです。

その遺留分に相続分を乗じたものが、各相続人の遺留分になります。

基礎財産とは、死亡時の相続財産、死亡前1年以内にした贈与、遺留分を持つ人に損害を与えることを知ってした贈与、相続人に対してなされた生前贈与、これらのものから、被相続人の債務を差し引いたものです

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

2.遺留分の侵害

相続人には上記のように、遺留分という、遺言によってでも侵害されない権利があります。 その権利をはみだして誰か一人だけが全財産を相続したり、贈与を受けたりした場合、他の相続人は遺留分の侵害をされたと言うことができます

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

3.遺留分減殺請求

遺留分を侵害された相続人は減殺請求といって、自分の権利分を返還してもらうことができます。 贈与、遺贈を受けた人に対して意思表示をすれば、書面でも口頭でもかまいません。 しかし、口頭で請求した場合、証拠が残らないので、請求期間が過ぎてしまったときに困りますよね?

ですので、遺留分減殺請求は内容証明郵便で通知するのが一般的です。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

4.遺留分減殺請求期間

  1. 相続が開始したこと
  2. 遺留分を害する贈与、遺贈があったこと

以上の2点を知った時から1年以内。 相続の時から10年以内。に、請求しなければ、時効で消滅してしまいます。
内容証明郵便で請求しておけば、減殺請求した日が証明されるので請求が有効か無効かがはっきりします。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ


メール相談
【全国対応】

相続手続き対応エリア
【北海道】
旭川市内、東神楽町、東川町、美瑛町、上富良野町、中富良野町、富良野市、鷹栖町、当麻町

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする
サイト内検索

行政書士黒川事務所

  

事務所
ご依頼手続手順
講演依頼受付(講演履歴)
プライバシーポリシー

  

内容証明研究会
成年後見制度
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜



  

企業経営サポート.com
節税サポート
財務サポート





無料メール相談・電話面談相談