相続手続,相続税対策
相続手続,相続税対策,遺産分割協議書,遺言作成,遺留分減殺請求の無料相談
相続人調査から名義変更までの相続手続き、遺言状・遺産分割協議書の作成、遺留分減殺請求
相続開始後にトラブルを避けるための遺言書作成や、遺産分割協議書作成
内容証明での遺留分減殺請求や相続放棄の方法など
相続トップ提供サービス一覧ご依頼の流れ取材・講演受付無料メール有料電話相談
  
相続基礎知識
 -相続とは?-
相続とは?
法定相続人と法定相続割合
代襲相続
 -相続人-
未出生の子・内縁の妻(夫)
非嫡出子
相続欠格
相続人廃除
相続人が行方不明
 -相続放棄と限定承認-
相続放棄
相続財産の限定承認
 
相続財産
 
遺産分割協議
 
遺言状の作成


 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
 相続・相続税対策・遺言トップ > 相続の基礎知識 > 相続放棄

相続放棄

  1. 相続放棄とは
  2. 相続放棄の要件と方法
  3. 相続放棄できない場合(注意
  4. 相続放棄しないで(注意

1.相続放棄とは

相続放棄とは、相続財産のすべてを受け継がないことです。プラスの財産も、マイナスの財産もです。

相続放棄をした者は、初めから相続人ではなかったことになり、被相続人の権利義務は承継されません。

被相続人の死後、葬儀や四十九日法要などバタバタと日にちは過ぎていきます。後から借金が出てきたとならないためにも、死亡後は直ちに債務を含めた遺産の調査をしましょう。

借金ばかりだと思って相続放棄をしたら、後から資産があることがわかる場合もあります。そのような場合でも、原則として相続放棄の撤回は認められません。相続放棄の撤回を認めると、その他の相続人や債権者に多大な迷惑をかけることとなるからです。

しかし、他の相続人によって脅迫されて相続放棄した場合や、詐欺によって相続放棄した場合など、相続人の意思に反する特別の事情がある場合は、家庭裁判所に申述して相続放棄の取り消しが認められる場合があります

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

2.相続放棄の要件と方法

要件

  1. 自己のために相続が開始したことを知った日から3ヶ月以内に行うこと
  2. 放棄前に、単純承認(普通に相続をすること)、限定承認、法定単純承認事由がないこと

方法

  • 相続放棄は各相続人が、自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内に、家庭裁判所に対して相続放棄申述書を提出します。
  • 家庭裁判所に認められれば、「相続放棄陳述受理証明書」が交付され、この証明書が相続放棄をした証明となるのです。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

3.相続放棄できない場合(注意

相続放棄をする前に、相続財産の一部を受け取って(使用して)しまったら単純承認したものとみなされて、相続放棄はできませんので注意してください。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

4.相続放棄しないで(注意

父が亡くなり母と子で相続する場合、母に全てを続させるために子全員が相続放棄しようと考える方がいますが、この場合に相続放棄をしてはいけません。

第1順位である子が相続放棄した場合、次の順位の相続人である祖父母、伯父伯母(場合によってはその子供にまで)に相続権が移ることになります。
このような場合は、遺産分割協議で母のみが相続するように決めればいいだけなので、早まらないようにしてください

また、どんなに財産を築き上げるのに寄与していたとしても、自ら寄与分を主張することもできません。ですから、寄与分だけ欲しいという場合も相続放棄をしてはいけません。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ


メール相談
【全国対応】

相続手続き対応エリア
【北海道】
旭川市内、東神楽町、東川町、美瑛町、上富良野町、中富良野町、富良野市、鷹栖町、当麻町

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする
サイト内検索

行政書士黒川事務所

  

事務所
ご依頼手続手順
講演依頼受付(講演履歴)
プライバシーポリシー

  

内容証明研究会
成年後見制度
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜



  

企業経営サポート.com
節税サポート
財務サポート





無料メール相談・電話面談相談