自転車事故ホーム > 自転車事故の責任 > 自転車事故の加害者のやるべきこと(対応)

自転車事故の加害者のやるべきこと

自転車事故の加害者になってしまったときの対応

ここでは、自分自身が自転車事故の加害者になってしまった時のことを考えてみましょう。

事故時の対応を覚えておくことが、いざと言う時のためにはとても大切なことです。

【被害者を救護】

事故が起きたら最初にすべきことは、被害者の状態を見て必要があれば119番通報して救護することを忘れてはいけません。

負傷者が重傷と思われる時には、できるだけ早めに救急車を呼び病院に運びます。事故の際には大けがに感じられなくても、時間が経つと痛みが激しくなったり、後遺症が残ったりすることもあり得ます。必ず病院に行き診断・治療を受けさせて下さい。

【警察署に電話】

どんな事故でもそうですが、例え、小さな自転車事故でも、必ず警察署に電話して現場まで来てもらい調書を書いてもらうようにして下さい。

交通事故と言えば、自動車事故ばかりをイメージしますが、自転車も軽車両扱いですから、自動車との事故は車両相互事故として、また歩行者との事故は人対車両事故として扱われます。

自転車事故でも交通事故であり警察への届出は必要なのです。

【被害者の名前や連絡先などの確認】

次に、被害者の名前・住所・連絡先・勤務先などをメモし、自分の名前や連絡先などを伝えることも忘れないで下さい。

【事故証明書の手続き】

また、「自動車安全運転センター」http://www.jsdc.or.jp/に連絡して、きるだけ早く交通事故証明書を発行してもらうようにして下さい。

もし、保険に入っていて保険会社から保険金請求する際には、交通事故証明書が必要になるためです。

【保険会社に連絡】

保険会社に対しては、自転車事故の状況をただちに連絡し、後日でも構いませんから、保険請求の詳しい手続きなどを相談することを忘れないようにして下さい。


相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

自転車事故のトラブル解決のホーム

CategoryMenu

自転車事故のトラブル解決

▼自転車のルールと交通違反

自転車は軽車両扱い

TSマークとは

自転車の安全利用五則

車道・自転車道通行ルール

歩道通行ルール

交差点・横断ルール

自転車の乗り方

自転車の2人・3人乗り

自転車の交通違反・罰金

自動車交通違反との違い

-ブレーキなし・故障-

ブレーキなしピスト自転車

▼自転車事故の事例・判例

自転車事故裁判例一覧

歩道上の事故判例一覧

路側帯上などの事故判例一覧

公園、駅等の自転車事故判例一覧

横断歩道の自転車事故判例一覧

対向方向進行中の歩行者に衝突していった自転車事故判例一覧

歩道のない道路での事故判例一覧

歩行者が加害者となる事故判例一覧

自転車同士の事故判例一覧

被害自転車が無灯火判例

無灯火未成年・親責任無判例

歩行者に衝突・親責任無判例

歩道上の事故判例

自転車同士衝突・親責任有判例

自転車事故事例と刑事罰

自転車事故が起きやすい時

▼自転車事故の責任

事故直後加害者がやること

事故直後被害者がやること

自転車事故民事・刑事責任

過失割合

歩行者との過失割合

自動車との過失割合

自転車事故の立証責任

未成年者の責任能力とは

自転車事故における親の責任

▼自転車保険

自転車保険に入るべきか

自賠責保険は適用されない

自転車保険(保険会社)

自転車保険4つの分類

自転車保険に代わるもの

TSマーク付帯保険

▼自転車事故の解決

自転車事故の示談

自転車事故の示談書の書き方

内容証明で慰謝料請求

▼自転車マナーと標識

自転車の運転マナー

知っておきたい道路標識

▼自転車ルール参考資料

改正道路交通法

自転車の安全利用促進