自転車事故ホーム > 自転車事故の責任 > 自転車事故の未成年者の責任能力とは

自転車事故の未成年者の責任能力とは

  1. 未成年者が自転車事故の加害者になったときの問題点
  2. 未成年者に責任能力があるか否かを判断します
  3. 損害賠償請求の相手方

未成年者が自転車事故の加害者になったときの問題点

自転車の多くの利用者には児童や生徒などの未成年者がいます。ですから、当然のように未成年者が被害者または加害者となりえる場面が数多くあり得るということです。

未成年者が自転車に乗って事故をおこした場合、親に損害賠償請求できるかという問題

通常、未成年者本人には賠償責任の能力がありません。ですから、未成年者が事故を起こした場合に、賠償請求可能な相手が、『未成年加害者本人のみ』なのか、『未成年加害者と親権者』なのかによって、被害者が受けることができる損害賠償の意味合いが大きく異なってしまいます。

今すぐ相談

未成年者に責任能力があるか否かを判断します

責任能力とは

自分の行為の結果が法的に見て何らかの責任が生じるか否かを判断する能力のこと

責任能力が発生する年齢

具体的には小学校を卒業する12~13歳程度になれば責任能力が発生すると考えられています。ただし、必ずしも年齢でだけで区別するものではなく、犯した不法行為の種類や未成年者の成育度等を考慮して判断されます。

今すぐ相談

損害賠償請求の相手方

加害者である未成年者に責任能力がない場合(12歳以下)

民法第714条によって、親権者が未成年者に代わって賠償責任を負うことになります。

未成年者に責任能力がある場合

基本的には、未成年者自身が損害賠償の責に任じます。支払い能力がない未成年者は、成年してから支払をすることになります。

親権者の監督義務違反などが認められる場合に限り、監督義務者に対して民法709条による損害賠償請求が認められます。

事故を起こしてしまった際、親として充分な監督義務を尽くしてきたかどうかということを証明することは決して容易なことではありません。くれぐれも自転車事故など起こさないように、日頃から子供に対しては自転車の通行ルールを教えておきましょう

>>親権者に賠償請求できないとされた判例
>>親権者も賠償責任を負うと判断された判例


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

自転車事故のトラブル解決のホーム

CategoryMenu

自転車事故のトラブル解決

▼自転車のルールと交通違反

自転車は軽車両扱い

TSマークとは

自転車の安全利用五則

車道・自転車道通行ルール

歩道通行ルール

交差点・横断ルール

自転車の乗り方

自転車の2人・3人乗り

自転車の交通違反・罰金

自動車交通違反との違い

-ブレーキなし・故障-

ブレーキなしピスト自転車

▼自転車事故の事例・判例

自転車事故裁判例一覧

歩道上の事故判例一覧

路側帯上などの事故判例一覧

公園、駅等の自転車事故判例一覧

横断歩道の自転車事故判例一覧

対向方向進行中の歩行者に衝突していった自転車事故判例一覧

歩道のない道路での事故判例一覧

歩行者が加害者となる事故判例一覧

自転車同士の事故判例一覧

被害自転車が無灯火判例

無灯火未成年・親責任無判例

歩行者に衝突・親責任無判例

歩道上の事故判例

自転車同士衝突・親責任有判例

自転車事故事例と刑事罰

自転車事故が起きやすい時

▼自転車事故の責任

事故直後加害者がやること

事故直後被害者がやること

自転車事故民事・刑事責任

過失割合

歩行者との過失割合

自動車との過失割合

自転車事故の立証責任

未成年者の責任能力とは

自転車事故における親の責任

▼自転車保険

自転車保険に入るべきか

自賠責保険は適用されない

自転車保険(保険会社)

自転車保険4つの分類

自転車保険に代わるもの

TSマーク付帯保険

▼自転車事故の解決

自転車事故の示談

自転車事故の示談書の書き方

内容証明で慰謝料請求

▼自転車マナーと標識

自転車の運転マナー

知っておきたい道路標識

▼自転車ルール参考資料

改正道路交通法

自転車の安全利用促進