ホーム > 賃貸更新時のトラブル > 敷金の変更

敷金の変更

敷金の変更

契約更新の際に、敷金が値上げされる場合があります。

この場合には、契約書に記載されている敷金の項目を確認して下さい。

例えば、敷金が家賃の2ヶ月分というような表記がされているときは、基本的に拒否することはできません。当然ながら、大家さんからの一方的な敷金値上げは拒否することができますが、契約書に、敷金は家賃の2ヶ月分というような記載があるということは、家賃そのものが高くなるわけですから、その高くなった家賃分×2ヶ月という計算になるからです。

本来、敷金は賃料の不払いや原状回復に充当するための費用ですから、家賃の値上げによる敷金の値上げというのは理にかなっているわけです。

この場合、家賃そのものが周辺相場に合わせて妥当かどうかのほうが、むしろ問題と言えます。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)