不動産のトラブルホーム > 不動産購入のトラブル解決 > 実際の土地や建物を確認する〜事前調査

実際の土地や建物を確認する〜事前調査

  1. 書類上の確認
  2. 現地での確認事項

書類上の確認

安心で信用おける不動産業者であることを確認したら、その不動産業者から物件を紹介してもらうことになります。その業者が持っている物件だけでなく、他社物件でも、お客のニーズに合わせて紹介してもらえるので、幅広い物件から選択することができますが、担当の言いなりでは、やはり上手な買い物はできません。

物件を紹介してもらったら、「取引物件説明書」を求め、内容をじっくり読むことが必要です。そこには法律上の制限や必要事項などが記載されており、土地等の利用方法が決められています。そして、現地を見る前に疑問に思うことはすべて質問し、物件に関する疑問点をクリアにしておきます。

また、権利書や登記簿謄本の内容確認、公図・実測図・建物設計図も見ておきましょう。

所有者の確認も必要です。他人の物を売ろうとする相手もいます(他人物売買は違法ではありませんが、問題を多くあります)。分譲地であれば、宅地造成事業法の認可の有無、工事検査証の有無も確認しましょう。

今すぐ相談

現地での確認事項

上下水道、電気、ガスの確認

公共機関、病院の確認

駅、交通機関の確認

道路

住環境

これらの住環境については、曜日、時間帯(昼と夜)などでかなり違うので必ず、曜日や時間帯を変えて確認に行くなり、近隣住民に確認するようにしてください。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

不動産のトラブル解決のホーム

CategoryMenu

不動産のトラブル解決

▼不動産の登記に関する基礎知識

不動産の登記簿謄本

所有権移転登記とは

仮登記とは

予告登記とは

登記識別情報(権利証)

▼土地に関する礎知識

公図と現況の違い

袋地所有者の権利

- 権利関係 -

法定地上権とは

借地権の対抗要件

▼建物に関する基礎知識

建築制限について

用途地域内の規制

建ぺい率と違反

▼不動産購入の注意点とトラブル解決

- 不動産購入時の事前調査 -

不動産会社を選ぶ

実際の土地や建物を確認する

所有者や権利関係の確認

都市計画法や建築基準法制限

ハザードマップで災害状況確認

- トラブル解決の豆知識 -

手付金と履行の着手

建物の瑕疵担保責任

購入家屋の引渡し前滅失

購入家屋の明渡し請求

共同購入の注意点

不動産の二重売買

不動産の他人物売買

借地権・借家権の譲渡権利

借地上の家屋購入

抵当権付不動産の購入

仮登記付不動産の購入

仮差押登記付不動産の購入

仮処分登記付不動産の購入

実測が登記簿(公図)より小さい

競売物件購入の方法と注意点

- 不動産購入時の税金豆知識 -

購入時にかかる税金

▼不動産売却の注意点とトラブル解決

-トラブル解決の豆知識 -

無権代理人に売却された場合

- 不動産売却時の税金豆知識 -

売却時にかかる税金

▼マンショントラブル解決

- マンション規約と管理 -

マンション規約の内容とは

共用部分と権利関係

- マンショントラブル -

管理費の横領・背任行為

管理費修繕積み立て費の滞納

▼不動産Q&A

投資用ワンルームマンション購入しても大丈夫?

賃貸マンション退室時の敷金返還

賃貸アパート建て替えによる立退き料

▼借地借家法の条文解説

借地借家法-目次

第1章 総則(趣旨・定義)

第2章 借地

 第一節 借地権の存続期間等

 第二節 借地権の効力

 第三節 借地条件の変更等

 第四節 定期借地権等

第3章 借家

 第一節 建物賃貸借契約の更新

 第二節 建物賃貸借の効力

 第三節 定期建物賃貸借等