不動産のトラブルホーム > 不動産購入のトラブル解決 > 建物の売買における瑕疵担保責任

建物の売買における瑕疵担保責任

  1. 瑕疵担保責任の基本的な考え方
  2. 不動産業者が売主の場合
  3. 新築住宅の場合
  4. 参考条文(民法・宅地建物取引業法・品確法)

瑕疵担保責任の基本的な考え方

欠陥住宅を購入した場合の購入者救済として、基本的な考え方は、民法566条3項、570条に規定されています。

建物物件に欠陥(瑕疵)があった場合、欠陥(瑕疵)に気づいてから1年以内に、

を売主に対してすることができます。

今すぐ相談

不動産業者が売主の場合

売主が宅地建物取引業者(不動産業者など)の場合、物件引渡しから2年以上の瑕疵担保責任を負う特約以外の買主に不利になる条項は無効になります。(宅地建物取引業法40条)

基本的な考え方(民法)は知ってから1年以内ということでしたが、物件引渡しから2年以上の期間を瑕疵担保責任を負うことにしたこの規定は、強行規定といって、これに反する特約などは、たとえ、個別に契約していたとしても無効になります。

今すぐ相談

新築住宅の場合

購入物件が新築住宅の場合、売主や請負者は、引渡しから10年間の瑕疵担保責任を負います。(住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)94条、95条)

ただ、10年の間に売主や請負者が倒産などして、瑕疵担保責任を負うことができない場合、買主は不利益を負うことになります。これを回避するために、新築住宅の建築会社や販売会社などに、保険加入または保証金の供託(積み立て)を義務づける法律ができました。

平成21年10月1日以降に引き渡された新築住宅に対して適用されています。この法律によって、住宅購入者は、瑕疵の補修などの費用について、保険会社に請求または供託金の還付請求を行うことができるようになりました。

今すぐ相談

参考条文(民法・宅地建物取引業法・品確法)

民法566条、 (地上権等がある場合等における売主の担保責任)

売買の目的物が地上権、永小作権、地役権、留置権又は質権の目的である場合において、買主がこれを知らず、かつ、そのために契約をした目的を達することができないときは、買主は、契約の解除をすることができる。この場合において、契約の解除をすることができないときは、損害賠償の請求のみをすることができる。

2  前項の規定は、売買の目的である不動産のために存すると称した地役権が存しなかった場合及びその不動産について登記をした賃貸借があった場合について準用する。

3  前二項の場合において、契約の解除又は損害賠償の請求は、買主が事実を知った時から一年以内にしなければならない。

民法570条 (売主の瑕疵担保責任)

売買の目的物に隠れた瑕疵があったときは、第566条の規定を準用する。ただし、強制競売の場合は、この限りでない。

宅地建物取引業法40条(瑕疵担保責任についての特約の制限)

宅地建物取引業者は、自ら売主となる宅地又は建物の売買契約において、その目的物の瑕疵を担保すべき責任に関し、民法第570条 において準用する同法第566条第3項 に規定する期間についてその目的物の引渡しの日から2年以上となる特約をする場合を除き、同条 に規定するものより買主に不利となる特約をしてはならない。

2  前項の規定に反する特約は、無効とする。

住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)94条、 (住宅の新築工事の請負人の瑕疵担保責任の特例)

住宅を新築する建設工事の請負契約(以下「住宅新築請負契約」という。)においては、請負人は、注文者に引き渡した時から十年間、住宅のうち構造耐力上主要な部分又は雨水の浸入を防止する部分として政令で定めるもの(次条において「住宅の構造耐力上主要な部分等」という。)の瑕疵(構造耐力又は雨水の浸入に影響のないものを除く。次条において同じ。)について、民法第634条第1項 及び第2項 前段に規定する担保の責任を負う。

2  前項の規定に反する特約で注文者に不利なものは、無効とする。

3  第1項の場合における民法第638条第2項 の規定の適用については、同項 中「前項」とあるのは、「住宅の品質確保の促進等に関する法律第94条第1項」とする。

住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)95条(新築住宅の売主の瑕疵担保責任の特例)

新築住宅の売買契約においては、売主は、買主に引き渡した時(当該新築住宅が住宅新築請負契約に基づき請負人から当該売主に引き渡されたものである場合にあっては、その引渡しの時)から10年間、住宅の構造耐力上主要な部分等の隠れた瑕疵について、民法第570条 において準用する同法第566条第1項 並びに同法第634条第1項 及び第2項 前段に規定する担保の責任を負う。この場合において、同条第1項 及び第2項 前段中「注文者」とあるのは「買主」と、同条第1項 中「請負人」とあるのは「売主」とする。

2  前項の規定に反する特約で買主に不利なものは、無効とする。

3  第1項の場合における民法第566条第3項 の規定の適用については、同項 中「前2項」とあるのは「住宅の品質確保の促進等に関する法律第95条第1項」と、「又は」とあるのは「、瑕疵修補又は」とする。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

不動産のトラブル解決のホーム

CategoryMenu

不動産のトラブル解決

▼不動産の登記に関する基礎知識

不動産の登記簿謄本

所有権移転登記とは

仮登記とは

予告登記とは

登記識別情報(権利証)

▼土地に関する礎知識

公図と現況の違い

袋地所有者の権利

- 権利関係 -

法定地上権とは

借地権の対抗要件

▼建物に関する基礎知識

建築制限について

用途地域内の規制

建ぺい率と違反

▼不動産購入の注意点とトラブル解決

- 不動産購入時の事前調査 -

不動産会社を選ぶ

実際の土地や建物を確認する

所有者や権利関係の確認

都市計画法や建築基準法制限

ハザードマップで災害状況確認

- トラブル解決の豆知識 -

手付金と履行の着手

建物の瑕疵担保責任

購入家屋の引渡し前滅失

購入家屋の明渡し請求

共同購入の注意点

不動産の二重売買

不動産の他人物売買

借地権・借家権の譲渡権利

借地上の家屋購入

抵当権付不動産の購入

仮登記付不動産の購入

仮差押登記付不動産の購入

仮処分登記付不動産の購入

実測が登記簿(公図)より小さい

競売物件購入の方法と注意点

- 不動産購入時の税金豆知識 -

購入時にかかる税金

▼不動産売却の注意点とトラブル解決

-トラブル解決の豆知識 -

無権代理人に売却された場合

- 不動産売却時の税金豆知識 -

売却時にかかる税金

▼マンショントラブル解決

- マンション規約と管理 -

マンション規約の内容とは

共用部分と権利関係

- マンショントラブル -

管理費の横領・背任行為

管理費修繕積み立て費の滞納

▼不動産Q&A

投資用ワンルームマンション購入しても大丈夫?

賃貸マンション退室時の敷金返還

賃貸アパート建て替えによる立退き料

▼借地借家法の条文解説

借地借家法-目次

第1章 総則(趣旨・定義)

第2章 借地

 第一節 借地権の存続期間等

 第二節 借地権の効力

 第三節 借地条件の変更等

 第四節 定期借地権等

第3章 借家

 第一節 建物賃貸借契約の更新

 第二節 建物賃貸借の効力

 第三節 定期建物賃貸借等