不倫浮気の慰謝料請求ホーム > よくある質問 > 離婚しても夫の姓を名乗ることができる

離婚しても夫の姓を名乗ることができる?



離婚して旧姓に戻ると、仕事上不都合があるとか子供の姓が変わるのはかわいそうなどの理由からそのままの姓を名乗りたいという人は少なからずいることでしょう。

離婚しても夫の姓を名乗ることはできます。

妻は離婚することで夫の戸籍から離籍して、結婚前の戸籍に復籍するか、新しい戸籍を作るのですが、離婚の日から三ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を出せば姓を夫の姓にすることができるのです。

両親が離婚しても、原則として子どもは結婚時の夫婦の戸籍に残ります。親権者となった母親が離婚後も結婚時と同じ氏を名乗る場合は、見かけ上は子供と同じ氏ですが、法律的には子供と氏も戸籍も別です。

子供を自分の戸籍に入れたい場合は、親権者となっていれば子供の住所地を管轄する家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出し、子の氏の変更許可の審判の申立てをすることができます。

子供が15歳以上であれば、子供が自主的な判断をし、父母のどちらの氏を称するかを決め、自分で氏変更許可の審判を申し立てることができます。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

相談・お問い合わせ

▼損害賠償・慰謝料請求とは

慰謝料と損害賠償

慰謝料請求をされた場合

▼不倫浮気の慰謝料請求

不倫・浮気とは

不倫・浮気の慰謝料相場

不倫浮気の慰謝料裁判例

慰謝料請求されたら確認

不倫・浮気慰謝料請求Q&A

▼婚約破棄の慰謝料請求

婚約と婚約破棄

婚約破棄の損害賠償・慰謝料請求

婚約破棄のQ&A

▼同棲・内縁関係のトラブル

内縁関係とは

内縁の不倫浮気慰謝料請求

内縁・同棲のQ&A

▼離婚の知識

離婚の種類(協議・調停・裁判)

離婚理由になる浮気(継続反復)

有責配偶者からの離婚請求要件

離婚後の慰謝料追加請求

離婚と税金

離婚のQ&A

▼結婚・婚姻とは

法律上の夫婦になる要件

夫婦間の約束(契約)

結婚・婚姻のQ&A

SiteMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

事務所案内

無料メール相談