不倫浮気の慰謝料請求ホーム > 離婚の知識 > 継続的反復的な不貞行為(浮気・不倫)は離婚理由になる

継続的反復的な不貞行為(浮気・不倫)は離婚理由になる

法律(民法770条)で定められている離婚理由にはさまざまなものがありますが、不貞行為(いわゆる不倫・浮気)については、継続的反復的な不貞行為(浮気・不倫)が離婚理由になるとされています。

  1. 裁判で認められる不貞行為
  2. 一度きりの不貞行為の場合

裁判で離婚理由と認められる不貞行為

法律上の婚姻関係にある者の不貞行為( 配偶者のあるものが自由意志で配偶者以外の異性と肉体関係をもつこと 。

一般には不倫・浮気という)は、民法770条に定められている離婚原因となります。そして、不貞行為が原因の離婚では、多くの場合、損害賠償(慰謝料)の請求が認められます。

しかし、裁判では通常、1回限りの不貞行為では、不貞行為を理由とする離婚は認められにくく、継続的・反復的な不貞行為の存在を立証しなければならないとされています。

というのも、1回ぐらいの不貞行為では、これによって夫婦関係が完全に破綻したとは言えないからです。

今すぐ相談

一度きりの不貞行為の場合

不貞行為が1回しか立証できなくても、その他の事情によって夫婦関係の修復の見込みがないことが明らかであれば、「婚姻を継続し難い重大な事由」が認定されて、離婚判決が下りる可能性はあります。

しかし、婚姻を継続し難い重大な事由による離婚の場合、不貞行為による離婚のように責任の所在が明確ではないため、慰謝料の額も低くなる傾向があります。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

相談・お問い合わせ

▼損害賠償・慰謝料請求とは

慰謝料と損害賠償

慰謝料請求をされた場合

▼不倫浮気の慰謝料請求

不倫・浮気とは

不倫・浮気の慰謝料相場

不倫浮気の慰謝料裁判例

慰謝料請求されたら確認

不倫・浮気慰謝料請求Q&A

▼婚約破棄の慰謝料請求

婚約と婚約破棄

婚約破棄の損害賠償・慰謝料請求

婚約破棄のQ&A

▼同棲・内縁関係のトラブル

内縁関係とは

内縁の不倫浮気慰謝料請求

内縁・同棲のQ&A

▼離婚の知識

離婚の種類(協議・調停・裁判)

離婚理由になる浮気(継続反復)

有責配偶者からの離婚請求要件

離婚後の慰謝料追加請求

離婚と税金

離婚のQ&A

▼結婚・婚姻とは

法律上の夫婦になる要件

夫婦間の約束(契約)

結婚・婚姻のQ&A

SiteMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

事務所案内

無料メール相談