内容証明研究会 > 内容証明研究会メルマガ一覧 > 第21号 著作権侵害が営業に与える影響について

著作権侵害が営業に与える影響について

第21号 著作権侵害が営業に与える影響について

他人のホームページのあるページをそっくりそのまま、又は、少しだけタイトルを変えるくらいで、コピーして作っている方や、 部分的に(10行〜15行)コピーなど、明らかに著作権の侵害をしているホームページを ときどき、見かけます。

インターネット上でこれをやられると、複製ページスパムとみなされて、コピー元のページも検索エンジン上位から排除されてしまう可能性があります。

ページ単位の排除だけならまだしも、検索エンジンによっては、ドメインごと削除されてしまうことがあります。

コピーした人のものが削除されるだけならかまいませんが、元のページも一緒に上位からはずされてしまう可能性を 多大に含んでいます。

インターネットマーケティングを考えていく上で、検索エンジンの上位表示に数10万〜数百万円かけている業者もいます。気軽にコピーして使っていても、気がついたら、コピー元の売上を何千万円も損をさせていた。ということになりかねません。

過去に、メタタグに集客のためだけに、ページ内容とは関係ないにもかかわらず、他企業の名前を入れたことで告訴され、4億円の損害賠償しなければならなくなった例もあります。

このような著作権侵害については、判例上も、当然コピーした側が敗訴しています。

もし、心あたりのある方がいましたら、早急に コピーページを削除するか、作りかえるなど、したほうがよいと思います。

著作権の侵害が、”著作権”という問題だけにとどまらす、営業妨害になってしまうこともありますので、ネット上のもののコピーは、ほんとうに、気をつけてください。
ご自身にとっても、とってもマイナスです。

今すぐ相談する!

 

その他メルマガ一覧


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ