ペットトラブルホーム > アパート・マンションでのトラブル > ペット不可マンションをペット可と思い購入

ペット不可マンションをペット可と思い購入

ペット禁止であったマンションを、不動産屋の営業マンの言葉を信用し、ペットを飼ってよいと思い込み購入した場合、不動産屋に責任をとってもらうことはできるか?

  1. 不動産屋の不実告知
  2. 解決法
スポンサーリンク

不動産屋の不実告知

ペット禁止となっているのに、その不動産会社の営業マンが「ペットを飼える」と言ったのであれば、不実の告知をしたことになるので、その責任を追及できるかも知れません。

「ペットを飼える」ということが、マンション購入を決める際の重要な条件であったとしたら、そのことは、不動産屋にも伝えてあることでしょうし、営業マンは自分の成績のことだけ考えて売りつけたと思われても仕方がありません。

マンション購入を決めようとしている時に不動産会社に断言されたら、一般的には信じてしまうものですし、この点については不動産会社の責任は重いといえます。

ただ、売買契約時に、さまざまな書類の確認を売主や仲介不動産業者とともにしますし、確認することは容易にできたはずですから、慎重さに欠けていたと言われてしまう可能性も大きいです。

今すぐ相談

解決するには

ペット不可のマンション管理規約を、これから「ペット可」に変えるのは、とても難しいと思われます。

また、消費者契約法には、「販売員の不実告知を原因にして、契約解除をすることができる」とありますが、売主が不動産屋でない限り、契約解除をすることはほぼ不可能です。

現実的な解決の方法としては、不動産会社に対して、引っ越すことを前提に経済的な補償を求めることです。購入したマンションと同等のマンションで「ペット可」の物件を探してもらい、買い替えることです。

今すぐ相談

スポンサーリンク

関連ページリンク

スポンサーリンク

amazon