ペットトラブルホーム > 猫のトラブル > もらった猫が病気トラブル

もらった猫が病気トラブル

里親として、猫をもらいうけたが、その猫が病気などなにかトラブルを抱えていたときに、元の飼い主になにかしてもらえるでしょうか?

  1. 子猫を有償で譲り受けた
  2. 子猫を無償で譲り受けた
スポンサーリンク

子猫を有償で譲り受けた

有償で譲り受けた場合には、里親募集とあったとしても、通信販売にあたります。

「特定商取引に関する法律」によって、

が、ホームページ上に掲載されていたはずですので、そちらをあらためて確認して下さい。

病気ばかりする子猫というのは、「物」であれば、「欠陥商品」にあたり、通常は損害賠償として、治療費の請求は可能ですが、

掲載事項の中に

商品に欠陥があった場合に「瑕疵担保責任」を負わない

旨の記載があったら、治療費の請求はできません。

今すぐ相談

子猫を無償で譲り受けた

無償で猫を譲り受けた場合、それは法的に贈与契約にあたり、

譲り受けたあとから病気になった

譲り受けた後で猫の体調不良が発生したのであれば元の飼い主に対する請求は難しいものと思われます。

譲り受ける前から病気だった

  1. 譲り受ける猫をその猫に特定していた場合には、民法の規定上、治療費は請求できません。
    ただし、猫の元の飼い主が最初からその猫が病気であったことを知っていた場合には治療費は請求可能です。
  2. 譲り受ける猫を特定していなかった場合、里親となった方は、他の健康な猫に交換することができますし、治療費の請求が可能です。

なお、里親募集の場合の契約書があればそれに従って処理することになります。

今すぐ相談

スポンサーリンク

関連ページリンク

スポンサーリンク

amazon