ペットトラブルホーム > 猫のトラブル > もらった猫が病気トラブル

もらった猫が病気トラブル

里親として、猫をもらいうけたが、その猫が病気などなにかトラブルを抱えていたときに、元の飼い主になにかしてもらえるでしょうか?

  1. 子猫を有償で譲り受けた
  2. 子猫を無償で譲り受けた

子猫を有償で譲り受けた

有償で譲り受けた場合には、里親募集とあったとしても、通信販売にあたります。

「特定商取引に関する法律」によって、

が、ホームページ上に掲載されていたはずですので、そちらをあらためて確認して下さい。

病気ばかりする子猫というのは、「物」であれば、「欠陥商品」にあたり、通常は損害賠償として、治療費の請求は可能ですが、

掲載事項の中に

商品に欠陥があった場合に「瑕疵担保責任」を負わない

旨の記載があったら、治療費の請求はできません。

今すぐ相談

子猫を無償で譲り受けた

無償で猫を譲り受けた場合、それは法的に贈与契約にあたり、

譲り受けたあとから病気になった

譲り受けた後で猫の体調不良が発生したのであれば元の飼い主に対する請求は難しいものと思われます。

譲り受ける前から病気だった

  1. 譲り受ける猫をその猫に特定していた場合には、民法の規定上、治療費は請求できません。
    ただし、猫の元の飼い主が最初からその猫が病気であったことを知っていた場合には治療費は請求可能です。
  2. 譲り受ける猫を特定していなかった場合、里親となった方は、他の健康な猫に交換することができますし、治療費の請求が可能です。

なお、里親募集の場合の契約書があればそれに従って処理することになります。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon