ペットトラブルホーム > ペットの法律・裁判例 > 動物実験に関する3Rの原則

動物実験に関する3Rの原則

動物愛護管理法の改正に伴う動物実験の3Rの原則とはどんなことを意味してるんでしょうか。

  1. 動物を殺す場合の方法に関する規定と動物虐待
  2. 3Rの原則

動物を殺す場合の方法に関する規定と動物虐待

人間が生きていくうえでは、仕方なく動物を殺さなければならない場合がありますが、そのような時、動物愛護のひとつの基本的な考え方として、

動物愛護管理法40条1項に、

「動物を教育、試験研究又は生物学的製剤の製造の用その他の科学上の利用に供する場合には、科学上の利用の目的を達することができる範囲において、できる 限り動物を供する方法に代わり得るものを利用すること、できる限りその利用に供される動物の数を少なくすること等により動物を適切に利用することに配慮す るものとする。 」

と規定されています。

今すぐ相談

3Rの原則

動物愛護管理法に明記されている動物実験における3Rの原則とは次の3つです。

「できる限り動物を供する方法に代わりえるものを利用すること」(代替実験の活用の原則=Replacement)

「できる限りその利用に供される動物の数を少なくすること」(使用数の削減の原則=Reduction)

「できる限りその動物に苦痛を与えない方法によってしなければならない」(苦痛の軽減の原則=Refinement)

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)


amazon