ペットトラブルホーム > ペットの法律・裁判例 > 家庭動物等の飼養及び保管に関する基準

家庭動物等の飼養及び保管に関する基準・ガイドライン

  1. 家庭動物等の飼養及び保管に関する基準・ガイドライン
  2. 告示内容

家庭動物等の飼養及び保管に関する基準

犬猫の飼養と保管方法について、総理府の「犬及び猫の飼養及び保管に関する基準」として告示され、改正を重ね、犬猫だけでなく、ペットとして飼われる家庭動物全般に関して環境省から「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」として告示されています。

(平成 14年5月28日 環境省告示第37号、平成18年1月20日環境省告示第24号、19年11月12日環境省告示第104号)

今すぐ相談

告示内容

環境省告示は、次のような内容となります。

  1. 第1 一般原則
    1 所有者又は占有者がどのように飼養すべきか
    2 飼養及び保管について
    3 終生飼養の責務について
    4 家畜化されていない野生動物等について
  2. 第2 定義
    この基準においての用語の意義
    (1) 動物
    (2) 家庭動物等
    (3) 管理者
  3. 第3 共通基準
    1 健康及び安全の保持
    2 生活環境の保全
    3 適正な飼養数
    4 繁殖制限
    5 動物の輸送
    6 人と動物の共通感染症に係る知識の習得等
    7 逸走防止等
    8 危害防止
    9 緊急時対策
  4. 第4 犬の飼養及び保管に関する基準
  5. 第5 ねこの飼養及び保管に関する基準
  6. 第6 学校、福祉施設等における飼養及び保管
  7. 第7 その他
    十分な配慮を行うことについて
  8. 第8 準用

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon