ペットトラブルホーム > ペットの法律・裁判例 > 家庭動物等の飼養及び保管に関する基準

家庭動物等の飼養及び保管に関する基準・ガイドライン

  1. 家庭動物等の飼養及び保管に関する基準・ガイドライン
  2. 告示内容

家庭動物等の飼養及び保管に関する基準

犬猫の飼養と保管方法について、総理府の「犬及び猫の飼養及び保管に関する基準」として告示され、改正を重ね、犬猫だけでなく、ペットとして飼われる家庭動物全般に関して環境省から「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」として告示されています。

(平成 14年5月28日 環境省告示第37号、平成18年1月20日環境省告示第24号、19年11月12日環境省告示第104号)

今すぐ相談

告示内容

環境省告示は、次のような内容となります。

  1. 第1 一般原則
    1 所有者又は占有者がどのように飼養すべきか
    2 飼養及び保管について
    3 終生飼養の責務について
    4 家畜化されていない野生動物等について
  2. 第2 定義
    この基準においての用語の意義
    (1) 動物
    (2) 家庭動物等
    (3) 管理者
  3. 第3 共通基準
    1 健康及び安全の保持
    2 生活環境の保全
    3 適正な飼養数
    4 繁殖制限
    5 動物の輸送
    6 人と動物の共通感染症に係る知識の習得等
    7 逸走防止等
    8 危害防止
    9 緊急時対策
  4. 第4 犬の飼養及び保管に関する基準
  5. 第5 ねこの飼養及び保管に関する基準
  6. 第6 学校、福祉施設等における飼養及び保管
  7. 第7 その他
    十分な配慮を行うことについて
  8. 第8 準用

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)


amazon