ペットトラブルホーム > ペットの法律・裁判例 > 狂犬病予防法

狂犬病予防法

狂犬病予防法に規定されている内容と罰則について教えて下さい。

  1. 狂犬病予防法の目的
  2. 登録
  3. 予防接種
  4. 獣医師の責任
スポンサーリンク

狂犬病予防法の目的

狂犬病予防法第1条には、「この法律は、狂犬病の発生を予防し、そのまん延を防止し、及びこれを撲滅することにより、公衆衛生の向上及び公共の福祉の増進を図ることを目的とする」と規定されており、犬のほか、狂犬病を人に感染させる可能性が高いもの(猫、あらいぐま、きつね、スカンクなど)に対しても適用があります。

今すぐ相談

登録

犬の所有者は、犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合にあっては、生後90日を経過した日)から30日以内に、その犬の所在地を管轄する市区町村長に犬の登録を申請しなければなりません。

また、市区町村長が鑑札を飼い主に交付すること、飼い主をはその鑑札はその犬に付けておくこと、その犬が死亡した時には、飼い主は30日以内にその旨を市区町村長に届け出なくてはならないことを規定しています。(狂犬病予防法4条)

この規定に違反すると罰金20万円以下に処せられることがあります。(狂犬病予防法27条1項)

今すぐ相談

予防接種

犬の所有者は、飼い犬について毎年1回、狂犬病の予防注射をし、注射済み票をその犬に付けなければなりません。(狂犬病予防法5条)

これに違反した場合には罰金20万円以下に処せられることになります。(狂犬病予防法27条2項)

今すぐ相談

獣医師の責任

狂犬病にかかっている犬などを診察した獣医師は、その犬などの所在地を管轄する保健所長にその旨を届け出なければなりません。(狂犬病予防法8条)

そして、その場合には、その犬を隔離しなければなりません。(狂犬病予防法9条)

これに違反した場合、罰金30万円以下に処せられることがあります。(狂犬病予防法26条2項・3項)

今すぐ相談

スポンサーリンク

関連ページリンク

スポンサーリンク

amazon