ペットトラブルホーム > うさぎ等小動物のトラブル > うさぎが近所の猫に襲われたトラブル

うさぎが近所の猫に襲われたトラブル

うさぎ、金魚、小鳥などが、近所の飼い猫に襲われるトラブルがあります。

  1. 事実関係をはっきりさせる
  2. 具体的解決方法と損害賠償の範囲

事実関係をはっきりさせる

まずは、事実関係をはっきりさせることが大切です。

本来は、ビデオや写真のように証拠となるものが必要ですが、猫が自分の小動物を襲った瞬間の証拠などは、そうそうあるものではありません。

傷口やケガの大きさなどはもちろん写真に撮っておきます。

また、同じ猫に、同じように被害にあった近隣の人がいないかを探し出して証言をとり、それを元に話し合いにのぞむのがよいでしょう

今すぐ相談

具体的解決方法と損害賠償の範囲

猫の飼い主が、話し合いにまったく応じることがない場合には、内容証明郵便で事実関係を説明し、また、別送にて写真など証拠をみせて書面での回答を求めてみましょう。

また、裁判所をとおして調停や訴訟を行うこともできます。

法的に、ペットが他人に怪我をさせたり、他人の財産を壊してしまった場合には損害を賠償しなければなりません。

隣の猫が犯人だとすると、猫が家と外を自由に出入りしているということは、猫の飼い主が「相当の注意=一般的に考えて払うであろう注意」を払っていなかったことになるので、損害賠償の責任を免れることはできないでしょう。

損害賠償請求の内容としては、うさぎなどが死んでしまった場合は、時価相当額、ケガを負ったのであれば、治療費など。さらに、精神的な損害に対する慰謝料となります。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon