ペットトラブルホーム > ペットの法律・裁判例 > 野生の動物をペットとして飼う

野生の動物をペットとして飼う

  1. 原則、捕獲した人の所有物
  2. 法律上の注意

原則、捕獲した人の所有物

保護・規制対象外の野生動物については、原則として捕獲した人の所有物となりますが、ペット用の動物ではないため、人間の生活環境になじまない性質であることを踏まえておく必要があります。

その動物が病気や怪我をした時に備えて、専門の獣医師がいるかどうかも確認しておくべきです。

今すぐ相談

法律上の注意

法律上では、熊やワニなどの危険性が高い動物は、飼い主に適正な飼育をさせるため、特定動物として規制されています。

危険な動物から人の生命や身体や財産を守るため、適正な飼育施設の保有が条件となっている場合がありますので、どのような規制がされているか、役所などで確認しておかなければなりません。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon