ペットトラブルホーム > ペットの法律・裁判例 > 野生の動物をペットとして飼う

野生の動物をペットとして飼う

  1. 原則、捕獲した人の所有物
  2. 法律上の注意
スポンサーリンク

原則、捕獲した人の所有物

保護・規制対象外の野生動物については、原則として捕獲した人の所有物となりますが、ペット用の動物ではないため、人間の生活環境になじまない性質であることを踏まえておく必要があります。

その動物が病気や怪我をした時に備えて、専門の獣医師がいるかどうかも確認しておくべきです。

今すぐ相談

法律上の注意

法律上では、熊やワニなどの危険性が高い動物は、飼い主に適正な飼育をさせるため、特定動物として規制されています。

危険な動物から人の生命や身体や財産を守るため、適正な飼育施設の保有が条件となっている場合がありますので、どのような規制がされているか、役所などで確認しておかなければなりません。

今すぐ相談

スポンサーリンク

関連ページリンク

スポンサーリンク

amazon