内容証明研究会 > セクハラの慰謝料、賠償責任を負わせたい

セクハラの慰謝料、賠償責任を負わせたい


質問

3ヶ月ほど前から、直属の上司である課長からのセクハラで悩んでいます。

仕事中、胸やお尻に触るのは日常茶飯事のこと、課長の指示で残業させられ、わざと二人きりになるような環境で性的な誘いを受けたり、私が拒絶したにもかかわらず「家まで送る」と言って執拗に私の自宅まで付いて来たり、突然抱きついてくるなどの行為がありました。

課長の上司である部長に相談しましたが、真面目に取り合ってくれず、その後も度々課長のセクハラにあい、退職しようかどうか悩んでいます。

このまま泣き寝入りするしかないのでしょうか。

回答

セクハラの場合は、実際にセクハラがあったかどうかの事実を証拠としていかに客観的に残すかという点がポイントとなります。

まずは会社宛に、課長から執拗な嫌がらせを受けた事実と、課長を転勤または解雇して改善するよう求める内容証明を送り、会社に対して改善を要求したことを証拠として残しておくようにしましょう。

それにも関わらず、会社側が何ら改善しなかった場合には、その事実(会社が何も対応してくれなかった事実)についても内容証明で証拠として残しておくことが有効です。

会社が改善義務を怠っている場合には、使用者責任としての損害賠償義務が生じますので、課長本人だけでなく、課長の使用者である会社も賠償に応じる義務があります。

セクハラの事実の証拠作りのために、まずは内容証明をうまく利用してみてください。

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク